日本学生ハーフマラソンの結果

3月4日、立川で行われた日本学生ハーフマラソンの結果が発表されました。

これでロードの季節が終わり、トラックシーズンに入ります。

 

1位 蛯名(帝京2年)62分23秒

2位 山川(帝京3年)62分36秒 (箱根8区5位)

3位 本田(日体2年)62分37秒 (箱根2区8位)

4位 ダンカンモゼ(拓大2年)62分40秒 (箱根3区5位)

5位 北澤(拓大3年)62分40秒 (箱根10区6位)

6位 千葉(駒沢3年)62分41秒 (箱根6区5位)

7位 松村(順大1年)62分44秒 (箱根9区5位)

8位 寺田(国学院2年)62分47秒(箱根5区5位)

が、上位成績です。

帝京大、拓殖大の強さ、松村、寺田がそれぞれチームのエースに成長している様子です。

 

さて、中央大学ですが、合宿の疲れが残っていたのか・・、少し心配な成績でした。

11位 塩谷(3年)62分55秒(ハーフでの強さを発揮しました。現在の中大最高タイムです。)

32位 須河(2年)63分47秒(自己新 見事に63分台です。)

53位 大須田(3年)64分18秒(自己新 箱根9区ブレーキの後好調です。)

57位 野脇(3年)64分23秒(完全復活でしょう。これからに期待です。)

125位 西嶋(2年)65分15秒(どうした? 残念な結果です。)

132位 相場(2年)65分19秒(自己新。)

その他の主な選手の成績は、

197位 多田(1年)66分01秒(もう少し期待していたのですが・・。)

259位 新庄(3年)66分46秒(新キャプテンどうした??)

299位 出口(1年)67分21秒(自己新。これまでは活躍できていません。今後に期待です。)

614位 服部(3年)74分53秒(故障でしょうか? 心配です。)

 

期待の、渥美(3年)、代田(2年)、新庄(1年)は登場しませんでした。

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 22.0 KB

学生ハーフマラソン、びわ湖毎日マラソンの結果

3月4日(日)、日本学生ハーフマラソンと、びわ湖毎日マラソンが行われました。

学生ハーフマラソンについては、詳細が分かり次第掲載しますが、

塩谷選手が62分台で走ったようです。

 

びわ湖毎日マラソンは、

中央大学OBの山本選手が1時間8分44秒で日本人1位になりました。

山本選手は、2007年の箱根駅伝が印象的でした。

この年は、1区で期待のルーキー梁瀬選手が区間17位とブレーキ、

2区の奥田選手も区間15位と、2区を終わって総合17位だったのです。

ここで3区の上野選手が区間賞で突っ走り、一気に総合8位に上がり・・、

4区の小林選手が、区間最下位(20位)(総合18位)のブレーキの後の5区に山本選手だったのです。

非常に走りにくい状況であったですが、5区山登りを80分55秒(区間3位)でのぼり、総合14位まであげました。この記録は、現在も中央大学記録です。

 

これでオリンピックは確実だと思います。

来週の正式決定を楽しみにしたいと思います。

千葉クロスカントリーの結果

2月13日 千葉国際クロスカントリーが行われました。

中大の選手の結果は、

 須河(2年) 37分09秒 20位

 塩谷(3年) 37分56秒 40位

でした。

 

八王子駅伝の結果

2月5日 八王子駅伝が行われ、中大は4チームが参加しました。

残念ながら中大4連覇はなりませんでした・・・。優勝は創価大学です。

 

2位 ハシッテホシーノ 1時間1分56秒(中大の主力チームですが1区渥美の不調が・・・)

 1区(4.7k) 渥美 15分02秒(区間16位)(箱根3区7位。中大の主力ですが・・)

 2区(6.2k) 野脇 18分08秒(区間賞)(完全復活か? 箱根5区走れれば??・・・)

 3区(5.4k) 須河 16分08秒(区間2位)(箱根7区9位)

 4区(4.4k) 代田 12分40秒(区間賞)(箱根6区3位、最近好調です。)

 

6位 中央大学K 1時間2分58秒

 1区(4.7k) 大須田14分12秒(区間賞)(箱根9区14位。箱根のブレーキ後、好調です。)

 2区(6.2k) 服部 19分25秒(区間12位)

 3区(5.4k) 岩城 16分37秒(区間7位)

 4区(4.4k) 新庄兄12分44秒(区間2位)(箱根8区8位、新キャプテン)

 

7位 中央大学A 1時間3分25秒

 1区(4.7k) 出口 14分57秒(区間12位)

 2区(6.2k) 渡辺 19分09秒(区間10位)

 3区(5.4k) 大家 16分31秒(区間6位)

 4区(4.4k) 多田 12分48秒(区間3位)

 

17位 中央大学K 1時間5分46秒

 1区(4.7k) 塩田 15分07秒(区間18位)

 2区(6.2k) 鈴木 19分09秒(区間10位)

 3区(5.4k) 平松 17分31秒(区間25位)

 4区(4.4k) 仁部 13分59秒(区間27位)

奥むさし駅伝の結果

1月29日(日)、飯能市にて、奥むさし駅伝が行われました。

中央大学Aチームは、一般の部で優勝しました。

(わざわざ一般の部と書いたのは、高校の部の埼玉栄高校に負けたからです・・)

中央大学A  優勝 1時間57分52秒

 1区 塩谷    30分24秒(区間3位)(箱根10区2位でした。)

 2区 大須田   16分54秒(区間賞)(箱根9区14位でした。今回はエース棟方に勝ちました。)

 3区 服部    13分21秒(区間賞)

 4区 鈴木(大和)13分53秒(区間3位)

 5区 岩城    15分24秒(区間4位)

 6区 新庄(浩) 27分56秒(区間5位)(箱根8区8位でした。)

中央大学B 11位 2時間2分58秒(アンカー以外は1年生のチームです。)

 1区 榎坂    31分56秒(区間24位)

 2区 塩田    18分45秒(区間37位)

 3区 清水    13分45秒(区間6位)

 4区 平松    14分02秒(区間7位)

 5区 福井    15分43秒(区間7位)

 6区 鈴木(大地)28分47秒(区間7位)

ホクロ  59位 2時間15分29秒(OBと4年生のチームです。)

 2区 棟方    17分05秒(区間2位)(箱根2区4位でした。)

 

その他の注目選手は、東洋大学の柏原選手がエントリーしていましたが、チームごと棄権でした。

また、世界の川内選手は、「埼玉県庁」チームの6区に出場し、27分15秒で区間賞でした。

ちなみに、「埼玉県庁走友会」チームの6区は、大島誠一郎選手で39分03秒で区間126位でした。

 

箱根駅伝の分析

 箱根駅伝の結果をまとめました。

 5区が残念(区間18位)・・・という結果でしたが、5区井口選手の各区間ごとのタイムを見ると、最後にがんばったことが分かります。

 井口選手は、小田原から箱根湯本までは区間12位

登りに入ると、箱根湯本から大平台までが区間17位と遅れだし、

大平台から小涌園までが区間19位と、このままいけばシード確保どころの話でなくなる感じでした。

(区間20位はゴールまで100分以上かかった東京農大の津野です)

ところが、ここから頑張り、小涌園から芦之湯までが区間17位、

下りが入る芦之湯から元箱根までが区間15位、最後の元箱根からゴールまでは区間6位で走り、一度は抜かれた順天堂を抜き返しました。

 井口選手のブレーキは残念でしたが、この終盤の頑張りが、28年連続シード獲得につながったと思います。

 

 往路の結果を受け、復路の選手は、最初に突っ込んで入ってしまい、終盤落ちてしまう選手が多くなってしまいました。これもシード獲得に向け仕方なかったと思います。

 例えば、6区の代田選手は、下っている区間は区間トップでしたが、最後の4kは区間16位でした。

 

 明日は、奥むさし駅伝です。

     

箱根駅伝結果.docx
Microsoft Word 26.3 KB
中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 22.4 KB

都道府県対抗駅伝の結果

 1月22日 都道府県対抗駅伝が行われました。

 中大関係者の結果は、

  徳永(新入生、倉敷高校)  1区 6位

  吉田(新入生、九州学院)  1区16位

  齋藤(卒業生、ホンダ)   3区19位

  早川(新入生、美方高校)  5区11位

  藤井(新入生、浜松日体)  5区20位

  山本(卒業生、佐川急便)  7区13位

  上野(卒業生、SB食品)   7区22位

  大石(卒業生、トヨタ自動車)7区30位

でした。

 

都道府県対抗駅伝

 1月22日(日)、都道府県対抗駅伝が行われます。

 埼玉県を応援するのもいいですが、中大の選手を応援してはいかがでしょうか?

 (21日に発表がありましたので、20日の記事を訂正します。)

 

  岡山1区:徳永(新入生、倉敷高校) 全国高校駅伝1区3位

  熊本1区:吉田(新入生、九州学院) 全国高校駅伝3区8位 

  静岡5区:藤井(新入生、浜松日体) 全国高校駅伝4区5位

  福井5区:早川(新入生、美方高校)

がエントリーされています。

 補欠として、

  北海道:棟方(4年)(当初3区にエントリーされていましたが、補欠に・・)

       兵庫:新庄(1年) 箱根4区7位

  佐賀:西嶋(2年) 箱根1区8位

  大分:小谷(新入生、日本文理大付)(当初5区にエントリーされていましたが、補欠に・・) 

です。

 在校生は皆補欠になってしまいましたが、新入生の快走に期待です。

 なお、福井県は3区にお兄さんの早川(東海大)も走るので、兄弟での参加です。

 

また、卒業生も出場します。(アンカーの7区では、卒業生対決が見られるようです。)

 埼玉3区:齋藤勇人(昨年の箱根7区6位)

 長野7区:上野裕一郎 (中大最後の箱根区間賞獲得者)

 静岡7区:大石港与(昨年のキャプテン。箱根5区でごぼう抜き。今年は大石の後任が・・)

 京都7区:山本亮(2007年の箱根5区3位)

です。 

 

復路の結果

6区 代田 59分34秒(区間3位)総合11位 期待どおりの59分台です。

                       目標の8位まで1分6秒、10位まで1分2秒です。

7区 須河 64分50秒(区間9位)総合9位 期待どおりの64分台です。

                       目標の8位まで7秒です。

                       ただし、後ろから順天堂が来ています。(48秒差)

8区 新庄 66分36秒(区間8位)総合8位 後半疲れましたが、昨年より14秒速いタイムです。

                       目標の8位に到達です。

                       7位山梨まで23秒です。

                       11位順天堂まで1分12秒です。

9区 大須田72分38秒(区間14位)総合10位 前半突っ込みすぎ、最後ブレーキでした。

                       私の期待より1分程度遅かったです・・。

                       目標の8位まで26秒です。

                       11位国士舘まで2分45秒です。

10区 塩谷 70分34秒(区間2位)総合8位 期待どおりの70分台です。

                       最後順天堂にかわされ、目標どおりの8位です。

 

 幸か不幸か、往路も復路も、区間エントリー発表後に私が期待したとおりの順位でした。

来年は、今年のメンバーから2区の棟方と5区の井口の2名が抜けるだけです。

2区には、新庄(翔)選手が走れるよう成長を期待しています。

また、5区山登り要員を育てることが必須です。永井選手に期待しています。

 

総合順位

1位 東洋大学 10時間51分36秒:大会新記録!! 4区~8区、10区で区間賞(2つは区間新)

2位 駒澤大学 11時間00分38秒:強いて言えば、2区と3区が誤算でした。

3位 明治大学 11時間02分50秒:鎧坂が万全でなくても、3位にきました。

4位 早稲田大学11時間03分10秒:チーム状態なりによく走ったのではないでしょうか。

5位 青山学院 11時間08分46秒:4位とは5分以上開きましたが、大健闘です。

6位 城西大学 11時間10分17秒

7位 順天堂大学11時間11分15秒:復路の順大の復活です。

8位 中央大学 11時間11分17秒:28年連続シード獲得!! 5区山登りが・・・・。

9位 山梨学院 11時間12分38秒

10位 国学院大 11時間13分42秒:今年は厳しいと予想していましたが、2年連続シード獲得。

11位 国士舘大 11時間16分47秒:10位と3分4秒差。中大と5分30秒差

12位 東海大学 11時間17分14秒:予想以上に復路で失速しました。

13位 帝京大学 11時間18分58秒

14位 拓殖大学 11時間20分21秒:予想外に悪い順位でした。

15位 神奈川大学11時間20分22秒

16位 上武大学 11時間20分43秒

17位 学連選抜 11時間21分36秒:最後失速しました。

18位 中央学院 11時間21分41秒

19位 日体大  11時間22分26秒:これほどの復路の不振は信じられません。

20位 東京農大 11時間44分16秒:5区の大ブレーキが残念でした。 

 

復路順位

1位 東洋大学 5時間26分51秒 :復路新記録!! 9区以外は皆区間賞

2位 駒澤大学 5時間29分10秒 :9区窪田が区間賞も東洋と大差。

3位 明治大学 5時間32分44秒 :大健闘!復路はすべて区間1桁順位。

4位 早稲田大学5時間33分18秒 :メンバーを見るとこんなところでは。

5位 順天堂大学5時間34分02秒 :8区以降強いと思いましたが、そのとおりでした。

6位 中央大学 5時間34分11秒 :目標の3位に届かず。9区大須田が少し残念でした・・。

7位 青山学院 5時間34分48秒 :予想以上に強かったです。

8位 帝京大学 5時間37分04秒

9位 拓殖大学 5時間37分32秒

10位 城西大学 5時間38分00秒

11位 東京農大 5時間38分14秒

12位 国学院大 5時間38分40秒

13位 国士舘大 5時間38分53秒

14位 山梨学院 5時間39分27秒

15位 中央学院 5時間39分45秒

16位 上武大学 5時間41分10秒

17位 神奈川大 5時間41分57秒

18位 東海大学 5時間42分20秒:復路は厳しいと思いましたが、これほど悪いとは・・。

19位 日体大  5時間45分38秒:復路の区間順位は20位→19位→18位→19位。信じられません。

20位 学連選抜 5時間46分28秒:9区、10区が区間20位。

   

復路メンバー発表

中大の復路は、予想通り、

 代田→須河→※新庄(浩)→大須田→塩谷 (※はエントリー変更)です。

予想通りということは、チーム状態がいいということだと思います。

6区と7区、特に7区に期待しています。

復路3位、総合8位を期待です。

 

早稲田は、八木が登場しません。7区佐々木、8区志方は故障から回復しているか?

駒沢は、9区窪田など、復路優勝をねらえる布陣です。

明治は、エース鎧坂が10区に登場します。

東海は、主力がすべて往路ですので、復路は厳しい布陣です。

日体大は、6区の福士でシード権内を目指します。

案外怖いのは順天堂です。8区~10区は中大より速いかもしれません。

 

往路の結果

1区 西嶋 62分57秒(区間8位)総合8位 中大記録と3秒差、昨年より1分21秒いい記録です。

2区 棟方 68分48秒(区間4位)総合8位 昨年より1分27秒もいいタイムです。

3区 渥美 63分47秒(区間7位)総合5位 昨年より31秒いいタイム。順位を3つ上げました。

4区 新庄 55分56秒(区間7位)総合6位 昨年の野脇より2秒いいだけのタイム・・。

                       後半伸びませんでした・・。初めての誤算です・・。

5区 井口 85分43秒(区間18位)総合12位 不安が的中・・。82分台を期待しましたが、

                       5区中大史上最悪の結果です。

                       また、これも記憶にありませんが、

                       明日は繰り上げスタートです・・。

 

1位 東洋大学 5時間24分45秒 :往路新記録!! 大差で往路優勝です。

2位 早稲田大学5時間29分52秒 :東洋と5分7秒差。厳しい結果です。

3位 明治大学 5時間30分06秒 :エース鎧坂抜きで3位は立派。明日鎧坂は走るか?

4位 駒澤大学 5時間31分28秒 :東洋と6分43秒差。2位ねらいか?

5位 城西大学 5時間32分17秒 :4区、5区で追い上げました。

6位 山梨学院 5時間33分11秒 :3区コスマスが区間新。

7位 青山学院 5時間33分58秒 :5区序盤は、中大と一緒だったのですが・・。

8位 東海大  5時間34分54秒 :村澤、早川の2枚看板が今一つ・・。ここから繰り上げです。

9位 国学院  5時間35分02秒 :5区で頑張りました。

10位 学連選抜 5時間35分08秒 :1区、2区の日大勢が今一つでした。

11位 日体大  5時間36分48秒 :予想通り?、徐々に順位を落としました。

12位 中央大  5時間37分06秒

13位 順天堂大 5時間37分13秒

14位 国士舘  5時間37分54秒

15位 神奈川大 5時間38分25秒

16位 上武大  5時間39分33秒

17位 帝京大  5時間41分54秒

18位 中央学院 5時間41分56秒

19位 拓殖大  5時間42分49秒

20位 東農大  6時間06分02秒

 

 私がレース直前に予想したとおり12位でした。

 私の想定より、3区までで約3分速かったですが、5区でその3分を使ってしまいました。

 復路は、熾烈なシード権争いです。

 10位のシード権まで1分58秒差は、27年連続シード中最大だと思いますが、

 代田→須河→※新庄(浩)→大須田→塩谷(※はエントリー変更)

のメンバーは、シードを争う他校と比べ強いと思います。

 8位の東海大学までは届くのではと期待しています。

 

 

 

 

 

箱根駅伝往路メンバー発表

いよいよ箱根駅伝が始まります。

注目のメンバー変更ですが、

中大は、西嶋→棟方→渥美→※新庄(翔)→井口 です。

事前の予想では中大4位を予想しましたが、これで苦しくなりました。

とにかく、5区井口がポイントです。

ここで柏原と5分差以内、他の有力校と2分差以内、82分以内を期待です。

(この差は大きいです・・)

1区~3区は昨年と同じメンバーです。3区終わって10位以内だといいのですが・・。

4区新庄は区間賞を狙ってもらいたいです。

5区は順位が大きく落ちることは仕方ないでしょう・・。往路12位が目標でしょう。

 

他校の様子では、

明治大学のエース鎧坂が、腰痛のため往路は走れないとのことです。

早稲田の4区にエントリーされた三田もエントリー変更で走れません。

東海大学は、1区に元村をもってきました。早稲田の大迫対策でしょう。

実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)の結果

元旦恒例のニューイヤー駅伝が行われました。

中大OBの結果は次のとおりです。

トヨタ自動車 6区 大石港与 区間2位(TVにたくさん写りました。)

ホンダ    2区 齋藤勇人 区間24位(外人区間ですので順位は仕方ありません。)

       4区 藤原正和 区間5位(エース区間を快走しました。ごぼう抜きでTVに写りました。)

佐川急便   4区 山本亮  区間12位(藤原と49秒差です。)

NTT西日本  2区 加田将士 区間22位(ホンダの齋藤に勝ちました。)

       3区 山本庸平 区間20位

警視庁    6区 家高晋吾 区間27位(襷リレーもTVに写りませんでした・・)

大塚製薬   6区 辻幸佑  区間20位(襷リレーはTVに写りました。)

 

OBの元気な姿を見ることができました。

明日、現役選手の活躍を期待します。

実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)エントリー発表

元旦に行われる実業団駅伝のエントリーが発表されました。

箱根駅伝の前に、中大OBを応援してはいかがでしょうか?

トヨタ自動車 6区 大石港与(今年まで箱根5区を3年走り、順位を大きく上げた選手です。)

ホンダ    2区 齋藤勇人(今年の箱根7区区間6位。)

       4区 藤原正和(2001年往路優勝時の5区。2003年は2区区間賞)

佐川急便   4区 山本亮 (2007年箱根5区区間3位。4区区間最下位から挽回しました。)

NTT西日本  2区 加田将士(2008年箱根10区区間4位。3年まで故障で走れませんでした。)

       3区 山本庸平(2010年箱根2区区間13位。久しぶりの総合4位に貢献しました。)

警視庁    6区 家高晋吾(2005年箱根7区区間2位。この年は6区区間賞、8区区間賞で復路2位)

大塚製薬   6区 辻幸佑 (2010年箱根10区区間2位。3年まで故障で走れませんでした。)

 

 トヨタ自動車は優勝候補。大石選手はTVにたくさん写るのでは? 

 

 

区間エントリー発表

12月29日 区間エントリーが発表されました。

中央大学は、

1区 西嶋(2年) 予想どおり! 今まで1区で大きな失敗はありません。

2区 棟方(4年) 予想どおり! 中大のエースです。エース区間で快走を期待です。

3区 渥美(3年) 9区を予想・・上尾ハーフで6位入賞。中大はここから追い上げます。

4区 鈴木(3年) 補欠を予想・・当日エントリー変更だと思います。

5区 井口(4年) 補欠を予想・・これも当日エントリー変更の可能性が大きいと思います。

6区 代田(2年) 予想どおり! 59分台を期待です。

7区 須河(2年) 10区を予想・・浦田監督は、他校が軽視する7区を重視するようです。

8区 相場(2年) 補欠を予想・・当日エントリー変更もある?

9区 大須田(3年)8区を予想・・好調なのでしょう。

10区 塩谷(3年) 5区を予想・・やはり昨年と同じ10区でした。区間上位を期待です。

 

4名まで、当日のエントリー変更が認められます。

補欠 市塚(4年)        埼玉栄出身です。今まで駅伝は走っていません。

補欠 野脇(3年)        今年4区を好走しました。今年も4区か?

補欠 新庄(3年)        5区若しくは8区に登場でしょうか?

補欠 多田(1年)        ぜひ箱根を経験してもらいたいのですが、難しい状況か?

補欠 永井(1年)        5区の3番手要員だと思います。

補欠 新庄(1年)        どこで登場させるのか? 

 

エントリー変更の可能性が高いのが、4区、5区、8区だと思います。

5区を誰が走るのかがポイントです。

昨年、大石選手は12月の甲佐10マイルを走って5区を走りました。

今年、その甲佐10マイルで最もタイムが良かったのは野脇選手です。野脇選手を5区とすると・・、

 西嶋→棟方→渥美→新庄(1年)→野脇

 代田→須河→新庄(3年)→大須田→塩谷 という区間配置ではないでしょうか。

 

往路は、2区で遅れますが、3区と4区で追い上げ、なんとか5区を踏ん張ってもらいたいと思います。

復路の中大は強いと思います。特に7区、8区での追い上げが期待できると思います。

 

他の有力校の状況ですが、

早稲田大学は、大迫→平賀→矢澤→三田と配置し、超前半型の配置にしてきました。

東洋大学は、5区柏原はもちろん、穴のない配置です。

駒沢大学は、エース格の窪田(2年)を補欠にまわし、2区は村山(1年)を配置しました。

東海大学は、今年と同様、村澤は2区、早川が5区。おそらくエントリー変更で3区に元村でしょう。

明治大学は、エース鎧坂を補欠にしましたが、2区を走るでしょう。往路強そうです。

予想通り、早稲田、東海、明治は前半に有力選手を固めてきました。

中大は、復路で追い上げます。

 

 

箱根駅伝の見所3

 いよいよ、箱根駅伝まで1週間となりました。

 29日の区間エントリーの前に改めて各校の戦力分析(順位予想)を掲載します。

  優勝:東洋大学 山の神柏原選手の貯金で、駒澤大学に先着

  2位:駒澤大学 復路で東洋大学を追い上げるも届かず。

  3位:早稲田大学 スター集団ですが、今年は故障が多く、どこかでブレーキがある?

 ここまでが3強です。

 4位以下は戦力が拮抗しています。

  4位:中央大学 2区と5区、特に5区で遅れないことが必須。復路で追い上げます。

  5位:拓殖大学 20Kを安定して走れます。

  6位:東海大学 往路優勝の可能性があります。ただし復路は遅いです。

  7位:関東学連 日大の欠場により、日大のエース級が出場します。史上最強の学連選抜です。

  8位:明治大学 戦力は高いのですが、チーム状態に不安があります。

  9位:青山学院 2区を走るであろう出岐で上位に進出も、だんだん遅れます。

 10位:城西大学 トラックのタイムはいいのですが、駅伝で成果が出ません・・。期待もこめて。

 

 中央大学は、今年も2区で遅れることが予想されます。なんとか棟方選手にがんばってもらって、12位くらいでつなぎたいところです。

 3区、4区で8位くらいまで上昇し、5区でそれを維持するのが目安です。

 復路の中央大学は強いです。先行する青山、明治、学連、東海をかわして4位・・・と期待です。

 ポイントはなんといっても5区です。浦田監督は5区の選手起用に悩んでいるとの情報もあります。

 29日の区間エントリー発表後、また掲載します。

 

  

全国高校駅伝の結果

12月25日 全国高校駅伝が行われました。

中央大学へ入学予定の選手の結果は、

1区 徳永選手(倉敷:岡山) 区間3位!! 花の1区をすばらしい成績。長身で力強い走りでした。

3区 吉田選手(九州学院:熊本)区間8位 故障明けで苦しい走りでしたが、粘りました。

4区 藤井選手(浜松日体:静岡)区間5位 ほとんどTVに写りませんでしたが、順位を上げました。

4区 近藤選手(学法石川:福島)区間24位 前の走者が大ブレーキで、46位で襷を受けました。

7区 松原選手(八千代松陰:千葉)区間2位 順位を上げ、もう少しで埼玉栄に追いつけそうでした。

 徳永選手は、くるぶしの故障のため事前に練習できなかったとのこと・・。それでも大健闘です。

 吉田選手は、苦しいながら粘りました。もう少し走れれば優勝争いできたのですが・・。

 どの選手もそれぞれの事情の中で、健闘したと思います。中央大学での活躍を期待します。

全国高校駅伝

12月25日(日) 全国高校駅伝が開催されます。

埼玉県代表の埼玉栄高校を応援するのもいいですが、

既に来年度の新入生が発表されていますので、来年の新入生をTVで応援するのはいかがでしょうか?

出場が見込まれる選手は、

吉田選手(九州学院:熊本) :3区

徳永選手(倉敷:岡山):1区

藤井選手(浜松日体:静岡):4区

松原選手(八千代松陰:千葉):7区

近藤選手(学法石川:福島):4区

です。

来年度の新入生

来年度の新入生が発表されました。

 小谷政宏(日本文理大付属:大分) 5,000m 14分16秒02

 吉田匡佑(九州学院:熊本)    5,000m 14分16秒96 

 徳永照(倉敷:岡山)       5,000m 14分20秒83

 三宅一輝(利府:宮城)      5,000m 14分21秒10

 早川文人(美方:福井)      5,000m 14分22秒03

 藤井寛之(浜松日体:静岡)    5,000m 14分24秒49

 松原啓介(八千代松陰:千葉)   5,000m 14分28秒22

 近藤和輝(学法石川:福島)    5,000m 14分32秒68

 

今後の活躍を期待します。

 

 

 

箱根駅伝の見所2

 1次エントリーも発表され、いよいよ箱根駅伝の雰囲気が高まってきました。

 そこで、今回は箱根駅伝の各区間の特色、中大の課題、区間配置予想を掲載します。

 まず、各区間の特徴です。

往路

 1区 21.4k 比較的平坦ですが、最後に六郷橋のアップダウンがあります。

 2区 23.2k 距離が長く、後半に権太坂の登りがあり、各校のエースが走ります。

 3区 21.5k 最初下り、その後平坦。各校のスピードランナーが走ります。

 4区 18.5k 最短区間ですが、細かいアップダウンがあります。中大のブレーキ多い区間です。

 5区 23.4k 箱根山登り。最長距離の区間です。

復路

 6区 20.8k 箱根山下り。下った後の箱根湯本から小田原で差がつきます。

 7区 21.3k 比較的平坦で、復路の中では最も楽な区間です。

 8区 21.5k 遊行寺の登り坂があります。

 9区 23.3k 距離が長く、復路のエース区間です。

10区 23.2k 平坦ですが、距離が長く、気温の上昇にも注意が必要な区間です。

 

 次に中大の課題です。

 箱根駅伝の特徴は、5区山登り、6区山下りにありますし、ここで大差がつきます。

 ここ数年、中大は5区大石選手、6区山下選手で順位を上げてきました。

   昨年 4区終了時14位→5区終了時8位→6区終了時7位→最終6位

  一昨年 4区終了時 8位→5区終了時4位→6区終了時3位→最終4位

 大石選手と山下選手は、卒業してしまいましたので、この対策が課題です。

 

 最後に、中大の区間配置予想です。

 1区 西嶋選手 (2年) 中大の1区スペシャリスト!。今まで1区で失敗がありません。

 2区 棟方選手 (4年) エースです。(今年はレース後に軽率な行動をしませんように・・)

 3区 新庄選手 (1年) 今年急成長したルーキーです。

 4区 野脇選手 (3年) なんとか間に合いました。距離が短い昨年と同じ区間で。

 5区 塩谷選手 (3年) 独特な走法が登りに適合するかは??。一番スタミナがあります。

 6区 代田選手 (2年) 3,000m障害で好タイムを持っています。

 7区 多田選手 (1年) 先日の上尾ハーフで好走しました。

 8区 大須田選手(3年) 今年急成長しました。安定感もあります。

 9区 渥美選手 (3年) 上尾ハーフで6位入賞。復路のエース区間に配置です。

10区 須河選手 (2年) 出雲、全日本と主要区間を好走しています。

 

 まだ、井口キャプテン、新庄選手(3年)、相場選手(2年)という主力が残っています。

 5区と10区は逆の可能性が大きいと思いますが・・・、上尾ハーフを見てあえてこう予想しました。

 中大は、平地では安定した走りができると思います。5区と6区、特に5区がうまくいけば上位を狙えると思います。

箱根駅伝 1次エントリー

12月10日 箱根駅伝の1次エントリーが発表されました。

中大は、

 4年:棟方、井口、市塚

 3年:塩谷、渥美、野脇、新庄、大須田、鈴木大和

 2年:西嶋、須河、相場、代田

 1年:新庄、多田、永井

です。

 主なエントリー漏れは、小柳選手(4年)です。5区山登りを期待していたのですが・・・。

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 22.3 KB

甲佐10マイルの結果

12月4日、甲佐10マイルが行われました。

 野脇(3年) 48分16秒

 井口(4年) 50分41秒

 相場(2年) 52分27秒

でした。

 

 野脇選手は、箱根に間に合う感じですが、相場選手は少し不安なタイムです。

合宿の疲れでしょうか??

 

 

日体大記録会の結果

12月3日(土) 10,000m

12月4日(日)  5,000mの日体大記録会が行われました。

 10,000mでは、

 大家選手(1年) 30分29秒29(自己新)

 榎坂選手(1年) 31分09秒23(自己新)

でしたが、箱根出場を目指す、小柳選手(4年)、市塚選手(4年)は30分台ででした。

5.000mでは、

 平松選手(1年) 15分12秒13(自己新) などでした。

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 22.3 KB

箱根駅伝の見所1

 箱根駅伝まで約1月となりました。そこで、応援の参考となるような情報をこれから何回か掲載します。

 最初は、今年の中大は強いのか??です。

 これまでの駅伝の結果を振り返ると、

 出雲駅伝は、

 ①東洋、②駒沢、③早稲田、④東海、⑤拓殖、⑥日体、⑦明治、⑧IVY、⑨中央、⑩青山

 全日本大学駅伝は、

 ①駒沢、②東洋、③早稲田、④日本、⑤中央、⑥上武、⑦東海、⑧明治、⑨青山、⑩城西

でした。

 1位から3位までの顔ぶれは変わりません。駒沢、東洋、早稲田が3強と言われ、他校と差があります。

 4位以下の顔ぶれは全く違います。まさに戦国駅伝、実力伯仲です。その中で、出雲と全日本の上位に両方名前があるのが、東海、明治、中央、青山です。

 強い選手は、5,000m13分台、10,000m28分台、ハーフ63分台以内が目安ですので、その選手の数を比較すると、

 ハーフ63分台以内 

  東洋 8人(設楽(悠)、大津、川上、柏原、山本、宇野、渡邊、田口)

  早稲田7人(大迫、平賀、前田、志方、八木、矢澤、三田)

  中央 5人(塩谷、渥美、西嶋、野脇、棟方)

  駒沢 3人(井上、久我、高瀬)

  明治 2人(北、大江)

  山梨 2人(コスマス、松枝)

  中学 2人(室田、藤井)

  東海、城西、拓殖、農大、日体、国学院、神大は1人(青山、東海は0)

 10,000m28分台以内

  早稲田10人(大迫、山本、志方、平賀、矢澤、中山、前田、八木、佐々木、三田)

  東洋 6人(柏原、設楽(啓)、田中、市川、宇野、渡邊)

  駒沢 6人(油布、撹上、村山、窪田、久我、上野、西澤)

  明治 3人(鎧坂、北、菊池)

  東海 3人(村澤、田中、早川)

  順天堂3人(田中、的場、松村

  城西 2人(橋本、山口、村山)

  中央 2人(新庄(翔)、棟方)

  拓殖 2人(ムディ、マイナ)

  国士舘2人(藤本、伊藤)

  農大 2人(松原、木下)

  日体 2人(服部、本田)

  山梨、中央学院、国学院は1人(青山は0.ただし出岐は29分02)

 5,000m13分台以内

  駒沢10人(油布、上野、村山、窪田、中村、撹上、久我、千葉、大谷、井上)

  明治 7人(鎧坂、菊池、文元、有村、八木沢、大六野、廣瀬)

  東洋 5人(設楽(啓)、川上、柏原、今井、宇野)

  早稲田5人(大迫、八木、矢澤、平賀、大串)

  東海 3人(村澤、早川、刀祢)

  城西 3人(中原、村山、松村)

  日体 3人(服部、矢野、本田)

  中央 2人(棟方、新庄(翔))

  拓殖 2人(マイナ、ムディ)

  青山 2人(竹内、出岐)

  国士舘2人(藤本、伊藤)

  農大 2人(松原、浅岡)  

  山梨、順天堂は1人

 

 これを見ても、上位3校の強さが目立ちます。

 中大は、距離が長くなると強みを発揮するのでしょうか??

  

  

八王子ロングディスタンスの結果

11月26日(土) 八王子ロングディスタンス(10000m)が行われました。

 新庄選手(1年) 28分44秒00(自己新)

でした。

 上尾ハーフで後半失速した新庄選手が、28分台の自己新記録です!!

 このタイムは、現時点の中大の最高記録です。

 これまた、箱根への期待が高まりました。

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 21.9 KB

日体大記録会の結果

11月23日 10000mの日体大記録会が行われました。

 代田選手(2年) 29分34秒69(自己新)

 野脇選手(3年) 29分48秒57

でした。

 代田選手の自己新も素晴らしいですが、

野脇選手が復帰戦で29分台もうれしいニュースです。箱根に間に合うかもしれません。

12月4日にもレースに参加予定のようですので、その結果にも注目です。

 

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 21.9 KB

上尾ハーフマラソンの結果

11月20日(日)上尾ハーフマラソンが行われ、私も応援に行ってきました。

非常に暑く、日差しも強い悪条件の中、中大の選手は17人が走り、

そのうち15人が自己新記録という好成績でした。

(世界選手権代表だった川内選手より3人が先着しました。)

 

 6位渥美選手 (3年) 63分36秒(自己新)

 12位須河選手 (2年) 64分05秒(自己新)

 15位塩谷選手 (3年) 64分09秒

 ( 川内選手(埼玉県庁)64分13秒)

20位大須田選手(3年) 64分22秒(自己新)

22位多田選手 (1年) 64分28秒(自己新)

26位新庄選手 (3年) 64分46秒(自己新)

50位市塚選手 (4年) 65分14秒

68位新庄選手 (1年) 65分37秒(自己新)  など

 

 全日本で好走した渥美選手が今回も好走し、完全復活!!

 須河選手、塩谷選手、大須田選手も安定感をアピール!

 新庄(兄)選手の復活!

と、箱根に向け期待が高まる結果でした。

なお、今季絶好調で、すっかり中大のエース格になった新庄(弟)選手は、

前半からとばしましたが、途中で腹痛をおこしたようです。暑かったですからね・・・。

 

23日に行われる日体大記録会の結果にも注目です。

 

 

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 21.8 KB

全日本大学駅伝の結果

11月6日 全日本大学駅伝が行われました。

中大は、先日の埼玉支部総会での木下元監督のお話のとおり、皆安定した走りで、見事5位に入り、シード権を獲得しました。

 

優勝 駒澤大  5時間15分46秒 

            8人中4人が区間賞、最悪でも区間3位。

2位 東洋大  5時間16分19秒

    1区、2区でやや出遅れ。終盤の追い上げも届かず。

3位 早稲田大 5時間21分06秒

    区間賞なし。駒澤と東洋とは少し差が・・・。3強から2強か??

4位 日大   5時間21分54秒

    1区の区間賞でいい流れに。8区ベンジャミンで中大をかわす・・。

5位 中大   5時間22分21秒

    最悪でも区間8位。中大らしい安定した走り。3位早大とわずか1分15秒差

6位 上武大  5時間23分44秒

    大健闘でシード権を獲得。

7位 東海大  5時間24分26秒

    6区、7区が区間12位。早川、村澤の2枚看板もシードに届かず・・。

8位 明治大  5時間26分22秒

    2区エース鎧坂も区間4位。それ以降失速。

9位 青山学院大5時間27分55秒

    2区でエース出岐が区間賞も5区~7区が区間2桁

10位 城西大 5時間30分55秒

11位 帝京大 5時間31分32秒

12位 京産大 5時間32分36秒

13位 日体大 5時間33分55秒 

 

中大の選手の成績は、

1区 西嶋(2年) 総合8位 区間8位(区間賞と10秒差)

2区 新庄(1年) 総合5位 区間6位(区間賞と1分10秒差)

3区 代田(2年) 総合5位 区間6位(区間賞と1分4秒差)

4区 須河(2年) 総合4位 区間6位(区間賞と1分36秒差)

5区 多田(1年) 総合4位 区間6位(区間賞と1分7秒差)

6区 大須田(3年)総合5位 区間3位(区間賞と37秒差)

7区 渥美(3年) 総合4位 区間3位(区間賞と1分6秒差)

8区 棟方(4年) 総合5位 区間6位(区間賞と2分13秒差)

 

箱根への期待が高まる結果でした。

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 21.3 KB

全日本大学駅伝区間エントリー発表

全日本大学駅伝の区間エントリーが発表されました。

中大は、

 1区 西嶋(2年) 今年の箱根の1区 出雲から復調しているか?

 2区 新庄(1年) 今期好調

 3区 代田(2年) 予想正解!

 4区 須河(2年) 今期好調

 5区 多田(1年) 駅伝初出場

 6区 大須田(3年)予想正解!

 7区 渥美(3年) 先日の日体大記録会で好走。復調しているか?

 8区 棟方(4年) エースがエース区間に!! 故障から回復しているか?

 補員 井口(4年)、新庄(3年)、相場(2年)

 

故障や不調で出雲駅伝を走れなかった主力選手が、主要区間に配置されました。

?マークの3人が実力どおり走れれば・・・と期待値アップです。

(出雲駅伝でエース区間を走った塩谷選手が外れました。故障でしょうか?? 箱根5区対策でしょうか??)

 

優勝争いは、駒澤、東洋、早稲田の3強

東海、明治、中央、日大、日体大、城西大、青山学院のうち3校が6位以内でしょう。

(一応、この順番が期待も含めた順位予想です)

 

 

 

 

全日本大学駅伝の見所

11月6日(日)8時10分から全日本大学駅伝が行われ、8時からテレビ朝日で生中継されます。

応援のポイントをいくつか記載します。

 

この駅伝は、8区間で行われます。

箱根駅伝と異なり、各区間の距離にかなり差があります。

 1区 14.6k

 2区 13.2k

 3区  9.5k

 4区 14.0k

 5区 11.6k

 6区 12.3k

 7区 11.9k

 8区 19.7k

 

従って、最終8区がエース区間となり、順位変動も多いのです。

中大も、一昨年は大石選手が東海大、駒澤大を抜き去り、シード圏内の6位に入りましたし、

昨年は、斉藤選手が5位で襷をもらいましたが、シード圏外の8位まで順位を下げました。

また、駅伝はスタートが大事ですので、1区、2区にもエース級の選手が起用されます。

さらに、距離の長い4区が勝負どころです。

 

5時間を超えるレースですので、ずっと応援しているのは・・・という方は、

スタートからしばらくと、10時頃の4区、13時頃の最終8区が見所です。

しかし、中大は選手間の実力差が小さく(逆に言えばエース不在・・)ですので、3区、5区~7区で順位があがると予想されます。

 

中大の区間配置は、主力に故障明けの選手が多く、その状態が分からないため、予想が難しい状況です。それでも予想してみると、

 1区 新庄(1年) 出雲駅伝でも1区で好走

 2区 須河(2年) 今期好調

 3区 代田(2年) 関東インカレ 3000m障害3位

 4区 棟方(4年) 中大のエース!! 出雲は故障で回避 回復しているか?

 5区 西嶋(2年) 出雲は4区10位と撃沈・・。走ってくれなくては困ります。

 6区 大須田(3年)今期好調

 7区 相場(2年) 今期好調

 8区 塩谷(3年) 中大で最も長距離向きの選手

 

優勝争いは、駒澤、東洋、早稲田の3強が中心です。

中大の目標は、6位以内のシード権確保ですが、難しい状況だと思います。

1区、2区でかなり遅れそう(二桁順位?)・・。3区で追い上げ、4区は我慢し、5~7区で6位以内に入りたいところです。

 

 

 

 

 

木下澄雄 元監督のお話し

 10月30日(日)、埼玉支部の総会に、木下澄雄学員会事務局長様が来賓としていらっしゃいました。

 木下様は、現時点では中大最後の箱根駅伝総合優勝時の監督でいらっしゃいます。

 木下様のお話しの概要は次のとおりです。

 ○ 久野理事長のもと、新たに寮を建設するなど、選手強化に取り組んでいる。

 ○ 早速、短距離にはその効果で出ており、好成績を残している。

 ○ 一方長距離は、大学間の競争が厳しくなっている。

 ○ 浦田監督を招聘して選手強化を行っており、安定した走りができるようになっている。

 ○ 箱根駅伝で優勝するためには、常に5位以内に入れる力をつけることが必要であり、

  そのためにはあと2、3枚のエースを育てたい。

 ○ 来週(11月6日)は全日本大学駅伝である。6位までが来年のシード権を得られるので、

  6位以内を目標にがんばる。応援をお願いしたい。

 (お話の内容は速報です。後日訂正する可能性がありますのでお許し下さい)

 

 全日本大学駅伝の応援のポイントを後日掲載します。

 

 

 

日体大記録会の結果

10月29日 10000m、30日 5,000mの日体大記録会が行われました。

中大は、10000mには5名が参加し、4名が自己新記録でした!!

5000mには、11名が参加し、3名が自己新記録でした!! 

注目は、

 5,000mで出雲駅伝には出場できなかったキャプテン井口選手が自己新記録

 10,000mでも最近走っていなかった渥美選手(3年)が、自己新記録   です。

 

箱根に向け、戦力アップです。

 

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 21.3 KB

出雲駅伝の結果

10月10日 出雲駅伝が行われました。

 優勝 東洋大学

 2位 駒澤大学

 3位 早稲田大学

 4位 東海大学

 5位 拓殖大学

 6位 日本体育大学

 7位 明治大学

 8位 IVYリーグ選抜

 9位 中央大学

10位 青山学院大学

 

中大の各選手の成績は、

 1区 新庄(1年) 区間10位

 2区 代田(2年) 区間5位

 3区 須河(2年) 区間8位

 4区 西嶋(2年) 区間10位

 5区 相場(2年) 区間5位

 6区 塩谷(3年) 区間10位

 

4年生が一人も走れないなど、主力不在の中、中大らしい堅実な走りでした。

 

 

また、11月6日に行われる全日本大学駅伝のエントリー選手が発表されました。

4年:井口、棟方

3年:塩谷、渥美、新庄(浩)、大須田、服部

2年:西嶋、須河、相場、代田

1年:新庄(翔)、多田 

 

各選手の成績一覧はこちらをご覧ください。

  

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 21.3 KB

日体大記録会の結果

9月25日、日体大記録会(5,000m)が行われました。

中大は、17名の選手が参加し、そのうち10名が自己新記録でした!!

主な記録は、

 西嶋選手(2年)  14分00秒84(自己新)

 代田選手(2年)  14分02秒30(自己新)

 新庄(翔)(1年) 14分06秒55

です。

 

 あと10日で出雲駅伝(10月10日実施)です。

 

全日本インカレの結果

 

9月10日、11日の全日本インカレの結果です。

棟方選手(4年) 5,000m   14分04秒30 6位入賞

代田選手(2年) 3,000m障害  9分08秒53 5位入賞

 

エース 棟方選手が復調のようです!!。

全日本大学駅伝 結果速報

6月25日(土)行われた、全日本大学駅伝予選会の結果速報です。

中大は、4位で予選通過です。

 

1位 青山学院

2位 帝京大

3位 城西大

4位 中大

5位 日体大

6位 上武大

ここまで、予選通過!!

 

7位 國學院大

8位 順天堂大

 

山梨学院、拓殖、東京農大も本戦へ進めませんでした。

 

コメント: 0

更新情報