ホクレン網走大会の結果

 7月7日(土)、ホクレンディスタンス網走大会が行われました。

 久しぶりに中大主力選手の自己新記録ラッシュでした!!

 

 5,000mBに多田選手、相場選手が出場しました。

  10位 多田(2年)14分08秒49(自己新)!!

  41位 相場(3年)14分55秒18(最下位です・・。何かあったのか??)

 ちなみに、このレースでは、

  19位 志方(早稲田3年 今年の箱根8区2位)14分12秒98

でした。

 

 5,000mAのレースでは、中央大の選手は出場しませんでしたが、

   1位 大迫(早稲田3年 今年の箱根1区区間賞)13分33秒84

   3位 山本(早稲田2年 今年の箱根5区3位) 13分42秒17

  10位 早川(東海大4年 今年の箱根5区14位)13分46秒10

  11位 柏原(富士通)  今年の箱根5区区間賞)13分46秒29

  25位 川内(埼玉県庁)            14分09秒37

  28位 佐々木(早大4年 今年の箱根7区3位) 14分31秒60

  30位 平賀(早稲田4年 今年の箱根2区5位) 14分35秒51

でした。

 早稲田の主力が好調です。

 

 10,000mBのレースに大須田選手が出場しました。

  1位 大須田(4年) 29分08秒34(自己新)!!

 ちなみにこのレースでは、

  2位 寺田(国学院3年 今年の箱根5区5位) 29分13秒77

でした。

 

 10,000mAのレースに須河選手が出場しました。

 17位 須河(3年)  28分56秒40(自己新)!! 28分台です!! 

 DNS 新庄(2年)

 ちなみに、このレースでは、

  8位 窪田(駒沢3年 今年の箱根9区区間賞) 28分18秒79

でした。

 駒沢の主力も好調です。

  

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.6 KB

ホクレン北見大会の結果

7月4日(水)に行われたホクレンディスタンス北見大会の5,000mに、須河選手が出場しました。

 11位 須河(3年) 14分04秒89(自己新)

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.6 KB

札幌国際ハーフマラソンの結果

7月1日(日)に行われた札幌国際ハーフマラソンに、箱根10区でおなじみの塩谷選手が出場しました。

  43位 塩谷(4年) 65分40秒

 塩谷選手は、5月に行われた関東インカレのハーフマラソンで途中棄権でしたので心配していましたが、大丈夫のようです。

全日本大学駅伝予選結果

6月30日(土) 全日本大学駅伝の関東地区予選会が行われました。

この予選は、10,000mを各チーム2名ずつ4組に分かれて8人が走り、その合計タイムで競います。

 1位 山梨学院大学 3時間57分28秒32

 2位 日本体育大学 3時間57分43秒48

 3位 帝京大学   3時間58分38秒53

 4位 神奈川大学  3時間59分10秒21

 5位 東海大学   3時間59分35秒81 ここまで予選通過

 6位 大東文化大学 3時間59分48秒10

 7位 順天堂大学  3時間59分55秒93

 8位 中央学院大学 4時間00分01秒93

 9位 城西大学   4時間00分16秒05

10位 國學院大学  4時間01分04秒39

11位専修大学、12位法政大学、13位東京農業大学、14位青山学院大学、15位国士舘大学、

16位亜細亜大学、17位創価大学、18位拓殖大学、19位平成国際大学、20位麗澤大学

 

 箱根でシードを持っている順天堂、城西、国学院、青山学院が予選落ちです。戦国駅伝です・・。

 全日本大学駅伝は、関東地区から、昨年1位から6位のシード校である駒沢、東洋、早稲田、日本、中央、上武と、箱根3位以内のシードの明治、今回の予選通過校が出場します。

 

 

ホクレン深川大会の結果

6月27日 ホクレン深川大会が北海道で行われました。

5,000m

 11位 代田(3年)14分04秒02 惜しくも自己新ならず・・。

 

なお、10,000mには中大の選手は出場しませんでしたが、

 設楽悠太(東洋3年) 28分12秒82

 山本修平(早稲田1年) 28分14秒49

 設楽啓太(東洋3年) 28分19秒78

 早川翼 (東海4年) 28分25秒32

といった選手が好走しています。(どの記録も現在の中大最高記録より速いです・・)

 

 

ホクレン士別大会の結果

6月26日 ホクレン士別大会が行われました。

5,000m

 吉田(1年) 14分36秒07

でした。

日本学生陸上個人選手権の結果

6月23日(土)、24日(日)、日本学生陸上個人選手権が行われました。

1,500m

 優勝 三宅一輝 (1年) 3分46秒50(自己新)(大会新)

3,000m障害

 6位 大家良介 (2年) 9分04秒13(自己新)

21位 出口遼  (2年) 9分19秒27

5,000m

 2位 多田要  (2年)14分26秒55

 3位 大須田優二(4年)14分27秒24

でした。

 

 来週は、全日本大学駅伝の予選会が行われます。昨年6位までに入った駒沢、東洋、早稲田、日本、中央、上武の6校と、箱根3位の明治はシードのため出場する必要はありません。例年6校が予選を通過できますが、今年は、全日本のシードを持っていない明治大学が箱根3位以内のシードをとったため、5校しか予選を通過できません。激戦が予想されます。

 

日体大記録会の結果

6月9日、10日 日体大記録会が行われました。

 

10,000m

 鈴木大和(4年)30分26秒58(自己新)

5,000m(15分以内のみ記載)

 藤井寛之(1年)14分28秒97

 徳永照 (1年)14分29秒40

 相場祐人(3年)14分39秒08

 新庄浩太(4年)14分43秒92

 永井秀篤(2年)14分48秒76

でした。

 新庄選手は、途中でこけたようです。残念・・。 

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.6 KB

日本陸上競技選手権の結果

オリンピック選考を行っているため、たくさんの報道されている

6月9日(土)、10日(日)に行われた日本陸上競技選手権大会に、

中央大学の長距離部員である新庄翔太選手(2年)が1,500mに参加しました。

 

新庄選手の結果は、

予選1組 5位 3分46秒49(決勝進出!!)

決勝   6位 3分47秒48

でした。

 

なお、かつて中央大学のエースだった上野裕一郎選手も1,500mに登場し、

予選1組 3位 3分46秒33(決勝進出)

決勝  11位 3分53秒94

決勝では何かあったのでしょうか??

日体大記録会の結果

5月27日 5,000mの日体大記録会が行われました。

残念ながら、自己新記録は出ませんでした。

 徳永(1年)  14分30秒85

 藤井(1年)  14分40秒08

 塩田(2年)  14分42秒01

 松原(1年)  14分46秒54

 小谷(1年)  14分50秒53

 鈴木大和(4年)14分54秒12

 

今年は、全日本大学駅伝のシードをとっていますので、

来月の予選会に出る必要はありません。

じっくり練習しているということでしょうか。

関東学生対校選手権の結果②

5月19日、20日の結果です。

 3,000m障害

 代田(3年) 8分54秒32(自己新) 4位入賞!!

昨年の3位入賞に続き、2年連続の入賞で、長距離部門唯一のポイント獲得です。 

 

 ハーフマラソン

 相場(3年) 66分53秒 20位

 西嶋(3年) 68分24秒 29位

 塩谷(4年) 途中棄権

暑い中のレースになり、惨敗でした・・。

 ちなみに、入賞者は、

 優勝 ベンジャミン(日大4年) 64分13秒

 2位 井上(山梨2年) 64分26秒

 3位 田口(東洋1年) 64分44秒

 4位 大津(東洋3年) 64分49秒

 5位 田村(日大4年) 65分02秒

 6位 渡辺(上武4年) 65分06秒

 7位 氏原(上武4年) 65分12秒

 8位 元村(東海3年) 65分19秒

です。

 

 5,000m

 須河(3年) 14分13秒86(自己新)17位

 新庄(2年) 14分26秒40     21位

 多田(2年) 14分46秒29     29位

須河選手が自己新でしたが、17位でした。

 ちなみに、入賞者は、

 優勝 大迫(早大3年)     13分47秒44

 2位 オムワンダ(山梨1年)  13分48秒34(自己新)

 3位 服部(日体3年)     13分49秒33(自己新)

 4位 横手(明治1年)     13分51秒97(自己新)

 5位 ムイバキトニー(日大1年)13分56秒99

 6位 早川(東海4年)     13分57秒15

 7位 菊池(明治4年)     13分58秒02

 8位 村澤(東海4年)     13分58秒60

でした。

 現在の中大最高タイム(新庄翔太選手 13分59秒61)でも入賞できません・・。

 

 なお、中央大は、短距離部門の活躍で、総合得点50点で7位でした。

 (優勝 日大 147点) 

  

 

 

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.6 KB

関東学生対校選手権の結果①

5月12日、13日の結果です。

 1,500m

  三宅(1年) 3分58秒32 予選1組7位

  吉田(1年) 3分54秒05 予選2組5位(決勝進出)

  上野(1年) 3分55秒50 予選3組3位(決勝進出)

 決勝 

  吉田(1年) 3分59秒69 10位

  上野(1年) 3分59秒70 11位

決勝に2名が進出しましたが、入賞はできませんでした。

優勝は、オムワンダ(山梨学院1年)3分45秒92でした。

 

 10,000m

  須河(3年) 29分29秒65 16位

  多田(2年) 31分36秒19 30位

厳しい結果でした。ちなみに入賞者の成績は、

 優勝 オムワンダ(山梨学院1年)28分18秒93(自己新)

 2位 設楽啓太(東洋3年)28分28秒61

 3位 設楽悠太(東洋3年)28分30秒66(自己新)

 4位 早川翼 (東海4年)28分32秒63(自己新)

 5位 ベンジャミン(日大4年)28分45秒83

 6位 平賀翔太(早大4年)28分46秒16

 7位 田中秀幸(順大4年)28分51秒06

 8位 矢野圭吾(日体3年)28分53秒23(自己新)

です。

 

 3,000m障害

  代田(3年) 8分59秒45 予選1組3位(決勝進出)

  大家(2年) 9分14秒83 予選2組12位

関東学生対抗選手権のエントリー

5月12日から、関東学生対抗選手権(関東インカレ)が行われます。

 

中央大の長距離のエントリーは、

 1,500m   上野(2年)、吉田(1年)、三宅(1年)

 3,000mSC  代田(3年)、大家(2年)

 5,000m   須河(3年)、新庄(2年)、多田(2年)

10,000m   須河(3年)、多田(2年)

ハーフマラソン   塩谷(4年)、西嶋(3年)、相場(3年)

 です。

野脇選手や渥美選手といった主力のエントリー漏れは残念ですが・・、

 1,500mは、先日の平成国際大記録会で好記録を出した選手のエントリーです。

 3,000mSCは、代田選手の優勝を期待です。

 5,000mは、故障明けの新庄選手の調子に注目です。

10,000mは、今シーズン自己新をマークしている二人です。

ハーフマラソンは、塩谷選手の粘りに期待です。 

 

日本ジュニア選手権の結果

5月3日 日本ジュニア選手権が行われました。

5,000m 

 吉田(1年) 14分40秒90

 小谷(1年) 15分00秒98

でした。

 

平成国際大学記録会の結果

4月29日 平成国際大学記録会が行われました。(会場は東松山の大東文化大です。)

 

1,500m

 吉田(1年) 3分48秒85(自己新)

 新庄(2年) 3分49秒09

 上野(2年) 3分49秒83(自己新)

 三宅(1年) 4分08秒59

新庄選手が久しぶりに登場しました。故障だったようです。

 

5,000m

 西嶋(3年)14分23秒22

 徳永(1年)14分55秒25

 

10,000m

 相場(3年) 29分56秒99(自己新)

 大須田(4年)30分43秒05

 渡邉(2年) 30分44秒44(自己新)

 新庄(4年) 31分07秒47

暑い中、相場選手が自己新記録更新です。 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.6 KB

日体大記録会の結果

4月15日 5,000mの日体大記録会が行われました。

中央大の成績は次のとおりです。

残念ながら、自己新記録はでませんでした。

 

 吉田(1年)     14.21.43

 代田(3年)     14.21.65

 徳永(1年)     14.22.31

 大家(2年)     14.26.49

   新庄(4年)      14.33.22

   小谷(1年)      14.34.55

    鈴木大和(4年)14.47.69

    清水(2年)      14.48.24

   榎坂(2年)      14.54.88

   塩田(2年)      14.56.23

   早川(1年)      15.29.04

   北元(1年)      15.36.93

   片瀬(1年)      16.52.04

 

14日、15日の日体大記録会を総括すると、

須河(3年)、塩谷(4年)、多田(2年)の10,000mの自己新、

5,000mで1年生の吉田、徳永の快走は明るい話題です。

5,000m、10,000mで中央大のベストを持つ新庄選手(2年)が最近登場しません。

また、渥美選手(4年)も、2月の八王子駅伝でのブレーキの後登場していません。

二人とも中央大の中心選手ですので少し心配です。 

 

日体大記録会の結果

4月14日 10,000mの日体大記録会が行われました。

中央大の成績は次のとおりです。

 須河(3年) 29分19秒95(自己新)

 塩谷(4年) 29分22秒90(自己新)

 多田(2年) 29分31秒12(自己新)

 大須田(4年)30分29秒76

でした。

 15日は、5,000mの日体大記録が行われ、中央大から多数の選手がエントリーしています。

 結果が分かり次第掲載します。

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.6 KB

焼津ハーフの結果

4月8日 焼津ハーフマラソンが行われ、渡邉選手(2年)が67分22秒の自己新でした。

ちなみに、川内選手も参加し、63分48秒で2位でした。

また、同じ日に、中大日体大対抗戦が行われ、

5,000mで、松原選手(1年)が14分25秒73で自己新でした。

中大の選手の記録一覧を掲載します。赤い字が今期の自己新です。真っ赤になることを期待します。

 

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.5 KB

世田谷記録会の結果

4月7日 世田谷記録会が行われました。

中央大学からは5,000mに須河選手が出場し、

自己新記録とはいきませんでしたが、14分18秒71で4位でした。

平成24年度の選手一覧

学生ハーフも終わり、今年度の主な競技が終了したので、

選手一覧を平成24年度バージョンにしました。

こうしてみると、10,000mのタイムが他校と比べ劣っています。

これからのトラックシーズンに期待しています。

中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 29.5 KB

更新情報