日体大記録会の結果

 1万mの日体大記録会に多くの中央大選手が参加しました。

 トップ選手が参加する組(後ろの組です)ではなく、かなり早い組で、箱根駅伝予選会を見据え、集団で走ったようです。

 そのせいか、予選会のライバルとなる東海大、拓殖大、東京農業大学などと比べ、大差をつけられてしまっています・・・。

 今日の走りを見ると、中央大は、箱根予選会を上位で通過することを目指すのではなく、とにかく予選会を確実に通過すること(13位以内に入ること)を目指さざるを得ないチーム状態のようです。

 今日の一番の収穫は、故障だったエース新庄君が走れたことだと思います。その逆に、このペース走を欠場した主力の西嶋と永井君は、予選会出場が困難なのでは・・・と思います。

 なにしろ多数の選手が参加しましたので、主な選手の結果は・・、

  三宅君(2年) 29分39秒28(自己新)

  新庄君(3年) 29分44秒36

  須河君(4年) 29分55秒03

  代田君(4年) 30分01秒16

  市田君(1年) 30分09秒33

  渡邉君(3年) 30分19秒23

  渥美君(2年) 30分27秒63(自己新)

  町澤君(1年) 30分27秒71

  松原君(2年) 30分32秒87

  多田君(3年) 30分37秒99

  徳永君(2年) 30分41秒00

などです。

 (10月2日 追記)

  中央大学駅伝応援サイトのブログに、詳細が記載されました。

  そのブログには、「出雲駅伝や箱根駅伝予選会エントリーメンバーも多数出場したので、これを練習の一貫として、これから本番に向けて調整して参りたいと思います。」とありました。今年のチームは、主力選手の活躍はあまり目立ちませんが、一般入試の選手たちが頑張っている印象です。

 なお、多田君も早い組で走っていました。 

 

  

 

25中大成績一覧.xlsx
Microsoft Excel 38.2 KB

更新情報