箱根駅伝予選会の結果

19日、箱根駅伝予選会が行われました。

中央大学にとって非常に厳しい結果となりました。

14日(月)の出雲駅伝出走組3人が失速してしまいました。エントリーされながら今日走らなかった小谷君、藤井君を出雲に出場させるべきだったのでは??

 

 1位 東京農業大学 10時間04分35秒 

     チーム10位が61分14秒。チーム1位から10位がわずか1分32秒差。強かった。

 2位 山梨学院大学 10時間05分33秒

     オムワンダが57分57秒でトップ。チーム10位も61分30秒。     

 3位 東海大学   10時間06分36秒

     チームトップから10位までわずか1分02秒。チーム10位も61分01秒

 4位 神奈川大学  10時間07分32秒

     予選会では強い神大!!

 5位 國學院大學  10時間08分30秒

     チームトップから10位まで1分27秒。チーム10位も61分20秒

 6位 大東文化大学 10時間09分51秒

     市田兄弟健在。

 7位 専修大学   10時間09分56秒

     チームトップから10位まで1分30秒。60分切りの選手はいなくとも上位で通過。

 8位 日本大学   10時間11分39秒

     キトニーが2位。エース田村が62分35秒と不調。10位までに62分台が3名。

 9位 拓殖大学   10時間11分53秒

     外人を除く10位までが1分33秒差。まとまっていました。

 

例年ですと、ここまでが箱根駅伝に出場できます。中央大学の名前がありません・・・。

 

10位 城西大学   10時間12分29秒

     村山が日本人トップ。チーム10番目が62分47秒のブレーキ。

ここは、今年は学連選抜が組織されないため出場できる枠です。

 

11位 上武大学   10時間14分05秒

12位 中央大学   10時間14分12秒:農大と1人あたり約1分の大差・・・。

13位 国士舘大学  10時間16分54秒

 

箱根駅伝は公道を大幅に交通規制する駅伝ですので、警察から出場校を制限されるのですが、90回の記念大会ということで、特別に3校枠を広げることを許可された枠です。いわば、遅いので邪魔だけれども、記念大会だから認めてやろうということです・・・。

ここまで本選出場です。

 

14位 亜細亜大学  10時間21分29秒:本選出場まで4分35秒の大差

 

でした。

 

 中央大学の個人成績は、

  14位 須河君(4年)59分53秒:終始第2集団にいて、好成績です。

  16位 相場君(4年)59分55秒:須河君と一緒に終始好位置につけました。

  37位 新庄君(3年)60分31秒:故障から完全復活も、また15k過ぎから失速しました。

  67位 三宅君(2年)60分55秒:もうチームの主軸ですね!

ここからしばらく中大の選手がゴールしなかったのです・・。

 127位 多田君(3年)61分54秒:なんとか62分切りです。

 132位 渡邉君(3年)61分55秒:62分切り。目標どおりではないでしょうか。

 141位 渥美君(1年)62分00秒:1年生健闘です。ここが10番目でないと・・。

 150位 代田君(4年)62分07秒:キャプテンになってから不調です・・。

 161位 市田君(1年)62分15秒:1年生健闘です。ここが11番でないと・・。

 189位 徳永君(2年)62分47秒:

       出雲駅伝の疲れか??。最後の5kは16分23秒もかかっています。残念な結果です。

ここまでで10人です。ここまでのタイムの合算で12位でした。

 220位 松原君(2年)63分18秒:出雲駅伝の疲れか??。残念な結果です。

 270位 町澤君(1年)64分18秒:出雲駅伝の疲れか??。10kから大きく遅れました。

 

 繰り返しになりますが、出雲駅伝は予想以上の結果だったのですが、その出雲駅伝に出走した選手が失速し、苦しい展開となりました。まあ、13位以内で良いとのことでそのような判断だったのかな・・・??

 また、エース新庄君が、距離に不安があることを改めて露呈しました。これでは2区は無理でしょう。

 キャプテン代田君の不調も心配です。6区のスペシャリストですので、あと2月で是非復調してもらいたいと思います。

 

 この予選会で、改めて今の中央大は遅いことが明らかになりました。しかし、箱根駅伝の特徴は、箱根の山があることですので、山でアドバンテージを得られればレースに参加できます。幸い、下りの6区はスペシャリストの代田選手がいますので、復調を期待したいと思います。5区は、永井君の故障からの復活が不可欠です。永井君の復活がなければ、箱根でシード獲得は夢のまた夢です。

 

 今、期待する中央大のオーダーは、

 1区 西嶋君(4年):中央大のスターター。復調を期待!!(無理かな・・)

 2区 須河君(4年):今の中央大で2区を走れる選手は他にいません。

 3区 新庄君(3年):中央大のスピードスターが3区を快走を期待。

 4区 三宅君(2年):若手のエースです。

 5区 永井君(3年):中央大の登りのスペシャリスト。復活を期待!

 6区 代田君(4年):中央大の下りのスペシャリスト。復活を期待!

 7区 徳永君(2年):昨年と同じ区間でリベンジを!

 8区 多田君(3年):登りの適性は分かりませんが・・。

 9区 相場君(4年):昨年と同じ区間でリベンジを!。好調です!!

10区 渡邉君(3年):距離の不安が少ない選手です。

 

 こうして書いてみると、復活を期待という選手が多いことに改めて気づかされます・・。

 

 11月3日の全日本大学駅伝には、中央大学は出場できません。(予選会15位の惨敗)

 今度の箱根駅伝は、ここ数年の間では、Cのマークを見ることができる最後の機会となる可能性大ですので是非応援しましょう!!          

  

 

更新情報