拓殖大との第1戦の結果

 4月29日、拓殖大との第1戦が行われました。

 中央大学は、これまでリリーフで3勝をあげている石垣投手が先発しましたが、2回に打ち込まれノックアウト。その後、在原→島袋とつなぎ、なんとこれまで初戦で先発していた山手投手が4番手で登板。ところがその山手投手も失点し、完敗しました。予想を裏切る投手起用でしたが、完全に裏目に出てしまい、最下位争いの大事な初戦を落としました。

 なお、注目の島袋投手ですが、2回を投げ、無安打、2四死球、3三振でした。復調でしょうか?!

 中央大2対5拓殖大(敗戦投手石垣君 3勝1敗)

 

 もう1試合、注目の首位攻防戦は、駒澤大がリードし、エース今永君の好投で逃げ切りかと思われましたが、9回に逆転されました。

 亜細亜大5対4駒澤大

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    松永勝治 (水曜日, 30 4月 2014 10:31)

    4月8日以来の応援です。あの日の島袋は別人でした。今回は彼のピッチングに復調の兆しを感じ、次回の登板が楽しみです。
    亜大-駒大戦も5回裏から観戦しましたが、亜大の粘り強い戦いに感服です。

更新情報