亜細亜大との第1戦の結果

 9月3日、いよいよ東都大学野球秋季リーグが開幕し、その開幕戦に中央大学が登場しました。

 対戦相手は春の優勝校の亜細亜大学。亜細亜大学の先発はエースでドラフト候補の山崎投手。中央大学の先発は山手投手。

 中央大は、4回表に2ベースヒット、犠打、タイムリーヒットで先制され、7回表にもヒット、四球、タイムリーヒットで1失点し、7回表終了時点で0対2とリードされます。

 中央大は7回裏、1番新城君のタイムリーヒットで1点返しますが、8回から登板した村川投手がソロホームランを打たれ8回表終了時点で1対3。

 追い詰められた中央大は8回裏、ヒット2本で1死1、3塁のチャンスをつくり、8番東君のスクイズで1点。その後2四球で2死満塁とすると、2番福田君の打席の際暴投で1点、さらに福田君がタイムリーヒットで2点でこの回4点で逆転!!

 9回表は村川君がしっかりとしめ、中央大学が開幕戦を勝利しました!!

  中央大5対3亜細亜大(勝利投手 村川君 1勝)

 

 もう1試合は、駒澤大2対2青山学院大で引き分けでした。

 

更新情報