亜細亜大との第2戦の結果

 9月4日、亜細亜大との第2戦が行われ、私も応援に行ってきました。

 中央大の先発は上田君、亜細亜大の先発は嘉陽君。

 2回表、2死から中央大6番泉澤君が3塁打を打つも、7番和田君は凡退。

 4回裏、上田君がバント処理をもたついたり、四球やらで、1死満塁のピンチ。ここで2死までこぎつけるも、なんと1番山下君に押し出しの四球で1失点。上田君は球威はあるもののここまでで5四球だったと思います。

 中央大もヒットは出るものの(特に2番福田君は好調)、3番打者以降の中軸打者にあと1本が出ず、得点できません。

 上田君の球数が多くなったせいか、左打者が続く7回から左投手の在原君が登板。ヒット、犠打、2ベースヒットで1失点。その後2死、あと1球でチェンジまでこぎつけました。ここで1塁後方へつまったフライ。1塁手がいったん前に出て、下がるというまずい守備でタイムリーヒットにしてしまいもう1失点・・。

 8回裏からは鎌原君が登板。投球練習の1球目にバックネット直撃の暴投を投げ、大丈夫かな・・と心配して見ていたら、どこにボールが行くか全く分からず、打者も怖いのでは・・という感じで、四球連発。すぐに石垣君にスイッチ。なんとか抑えました。

 9回表の中央大の攻撃も3者凡退で、試合終了・・。私が応援に行くと全く勝てません・・。

 試合終了後、先輩方と懇親を深め、帰宅しました。

  中央大0対3亜細亜大(敗戦投手 上田君 1敗)

 

 今日の試合は、安打数も7安打ずつで互角という感じだったのですが、勝とうとする意欲が亜細亜大が上回ったという印象でした。中央大は見送りの三振が目立ちました・・。

 私は連覇している亜細亜大の試合を始めて見たのですが、フライアウトの際も一生懸命走り、たいてい3塁手前まで走って、1塁側のベンチに走って帰っていることや、試合に出ていないベンチの選手もきびきび動いていたり・・など、非常に好感のもてるチームでした。

 

 今日の10時30分から、第3戦が行われます。亜細亜大は第1戦に続きエース山崎君(今年のドラフト1位候補です!!)の先発だと思います。中央大は、昨日の4回くらいから、登板には関係ない感じで島袋投手が投球練習していましたので、エース島袋投手の先発ではないでしょうか。すぐ近くで投球練習を見ましたが、いい球投げていました。(捕手がとれない球もありましたが・・)うまく撮れませんでしたが、写真も掲載します。

 

 もう1試合は、駒澤大6対3青山学院大 でした。

 

 

更新情報