箱根駅伝予選会エントリータイム比較2

 前回、主要大学のみの手元集計を掲載しましたが、もう少し他の大学に広げてみました。

 なお、このデータは、エントリーシートに記載された10,000m公認最高記録の上位10名を合計したものです。このタイムは、平成24年1月1日以降のタイムを記載できることになっていますので、それ以前のタイムは考慮されません。

         一人平均

 1位 東海大学 29.21分 

 2位 山梨学院 29.23分

 3位 東京農業 29.611分

 4位 城西大学 29.615分 

 5位 國學院  29.70分

 6位 上武大学 29.72分

 7位 順天堂  29.77分

 8位 中央学院 29.78分

 9位 法政大学 29.81分

10位 創価大学 29.88分

11位 国士舘大 29.95分

12位 東京国際 30.05分

13位 中央大学 30.07分

14位 亜細亜大 30.13分

15位 平成国際 30.37分

16位 流通経済 30.53分

17位 関東学院 30.97分

です。

 神奈川大と専修大学は、10,000m公認記録保持者が12人いませんでしたが、神奈川大は上位通過を狙える戦力があります。従って、9位法政大学までが通過有力でしょうか。

 中央大学のすぐ上にいる東京国際大学は、埼玉県内にキャンパスがあり、横溝総監督(中大箱根6連覇時代の主力選手。以前はTV解説でもおなじみですよね。)大志田監督(中大最後の箱根駅伝優勝の時のコーチ)が指導しています。中央大学よりは本戦出場の可能性があると思いますのでこちらも応援しましょう。

 

 

 

 

更新情報