青山学院大との第2戦の結果

 10月17日、青山学院大との第2戦が行われました。

 中央大の先発は山手君。青学大は岡野君。

 1回表、山手君の立ち上がりを3連打され1失点。3回も中軸打者にヒット、死球、タイムリーヒットで1失点。

 その裏、7番山田君、1番新城君がヒット、2番福田君が打撃妨害で2死満塁。ここで3番神里君が押し出しの四球で1得点。5回裏には3番神里君、4番羽山君、5番金子君の3連打で1得点。5回を終わって2対2。

 山手君は7回途中から村川君にスイッチ。ところが、9回表に3失点し、敗戦でした。

  中央大2対5青山学院大(敗戦投手 村川君2勝2敗)

 もう1試合は、駒澤大3対0拓殖大で、駒澤大が2勝1敗で勝点をゲットしました。

 中央大の次の試合は、21日(火)13時から駒澤大との第3戦(1塁側後攻)、次が23日(木)12時から青学大との第3戦(3塁側先攻)です。

 

 ここまでの順位は、

  1位 駒澤大  9勝4敗1分 勝点4

  2位 中央大  7勝5敗1分 勝点2

  3位 亜細亜大 6勝5敗   勝点2

  4位 國學院大 5勝5敗   勝点2

  5位 拓殖大  5勝9敗   勝点1

  6位 青学大  4勝8敗   勝点1

です。

 残る試合は、第8週に予定されていた亜細亜大対國學院大と、順延されている中央大の2試合です。従って、3位以下のチームの優勝の可能性は消えました。亜細亜大の連覇は止まりました。中央大が2連勝すると、9勝5敗1分 勝点4で、駒澤大と同率になります。逆に、次の駒澤大戦に敗戦すると、目の前で駒澤大の優勝胴上げを見ることとなってしまいます。

 また、最下位争いは、23日の中央大対青学大に中央大が勝利すれば、青学大が最下位。逆にこの試合に青学大が勝利すれば拓殖大が最下位です。

 中央大の残る2試合は、優勝争い、最下位争いにとって重要な試合となります。頑張れ中央大!!

 

 

  

 

更新情報