箱根駅伝復路

 8時10分 谷本君元気に一斉スタート。

 東海大に追いつき、集団走

 3k通過

  谷本君14人集団から9校を追い落とし、現在5人で集団走中。いいぞ!!

 芦之湯通過(5.1k)

  中央大9位 8位城西大と16秒差 10位大東大と28秒差 11位拓殖大と49秒差

  谷本君 16分20秒 区間1位

 小涌園前通過(9.1k)

  谷本君元気に日体大と併走中!! 一斉スタートではトップ!!

  中央大9位 8位城西大と9秒差 10位大東大と43秒差 11位拓殖大と1分32秒差

  谷本君 27分11秒 区間4位

 大平台通過(13.7k)

  谷本君元気に大平台通過 日体大を引き離し、中央学院を抜きました!!

  中央大8位 7位東海大と1分5秒差 9位城西大と4秒差 11位拓殖大と2分21秒差

  谷本君 38分48秒 区間2位

 函嶺洞門通過(17.0k)

  谷本君、日体大と併走中

  中央大8位 7位東海大と1分2秒差 9位城西大と13秒差 11位拓殖大と3分3秒差

  谷本君 48分30秒 区間3位 

 6区終了 小田原中継所通過(20.8k)

  谷本君、得意の下りが終わるとやや苦しくなった模様。徳永君スタート

  中央大8位 7位東海大と57秒差 9位城西大と18秒差 11位日本大と3分3秒差

  谷本君 59分53秒 区間6位 見事に60分切りです!!

             昨年の代田君の記録より1分22秒も良いタイムです!

  

  やはり、戦力がある日本大、山梨学院が追ってきています。しかし、拓殖、神奈川、帝京が6区不調で中央大は引き離しました。


 10k通過

  徳永君数校抜き、現在日体大を追っています。テレビの情報では、徳永君はガクツと足首をひねったような場面があったとのこと。しかし、元気に走っています。

 二宮通過(11.8k)

  中央大9位 8位城西大と8秒差 10位大東大と1分33秒差 11位山梨学院と3分28秒差

  徳永君 34分58秒 区間8位

 13k通過

  徳永君、山梨学院と併走、日体大に追いつく!!

 14k通過

  徳永君、日体大を追い抜き、東海、山梨と併走中

 16k通過

  徳永君、東海、山梨と併走中。後方から城西が迫っています。

 大礒通過(18.1k)

  徳永君、山梨学院を引き離しました。東海と併走中

  中央大9位 8位城西大と7秒差 10位大東大と2分8秒差、11位山梨学院と3分32秒差 

  徳永君 55分12秒 区間8位

 7区終了 平塚中継所通過 

  徳永君、集団を振り切りました!! 永井君元気にスタート

  中央大8位 7位中央学院と1分3秒差 9位城西大と3秒差 11位山梨学院と3分53秒差

  徳永君 1時間4分44秒 区間8位 昨年の自分の記録より1秒だけ悪いタイムです。


  シードを争う学校のうち、拓殖大と大東大と日大が7区でブレーキでした。 

 

 茅ヶ崎通過(7.0k)

  永井君元気に単独走中

  中央大8位 7位中央学院と55秒差 9位城西大と16秒差、11位山梨学院と4分00秒差 

  永井君 20分20秒 区間3位

 13k通過

  永井君元気に単独走中 テレビ放送によると少し後ろの東海大につめられているとのこと。

  この先に永井君得意の登り、遊行寺の坂があります。ここで突き放してくれるでしょう!!

  頑張れ永井君!! 

 遊行寺坂通過(15.9k)

  永井君元気に坂を登っていきます。

  中央大8位 7位中央学院と23秒差 9位城西大と30秒差、11位山梨学院と3分52秒差

  永井君 48分00秒 区間4位ですが区間1位とわずか4秒差です

 影取通過(18.4k)

  中央大8位 7位中央学院と32秒差 9位城西大と52秒差、11位山梨学院と4分5秒差

  永井君 56分22秒 区間2位 区間1位と5秒差

 8区終了 戸塚中継所通過

  永井君力走!! 松原君から区間賞!!の声援あり 松原君元気にスタート

  中央大8位 7位中央学院と25秒差 9位城西大と1分10秒差 11位山梨学院と4分1秒差

  永井君 1時間5分47秒 区間3位 自身の2年前の幻の区間賞より23秒良いタイム!


 シード圏内を目指す順天堂、日大、帝京がここでブレーキでした。11位山梨と12位順天堂との差が2分14秒となり、順天堂以下の学校は厳しくなりました。

 埼玉は現在強風です。テレビを見る限り、箱根駅伝を走っているところは風の影響はそんなになさそうですが、これから吹いてくるのでしょうか?


 権太坂通過(7.8k)

  松原君ペースが上がりません。東海、山梨に追いつかれそうです。

  中央大8位 7位中央学院と32秒差 9位城西大と39秒差 11位山梨学院と3分44秒差 

  松原君 23分41秒 区間19位 頑張れ松原君!!

 11k通過

  松原君、東海、山梨と併走中。ついて行け松原君!!

 14k通過

  松原君、東海、山梨において行かれました・・。

 横浜駅前通過(14.7k)

  松原君、ペースは上がりませんが元気に通過です。

  中央大8位 7位中央学院と36秒差 9位城西大と12秒差 11位山梨学院と2分58秒差

  松原君 44分47秒 区間19位 

 生麦通過(20.2k)

  中央大8位 7位中央学院と35秒差 9位城西大と13秒差 11位山梨学院と2分43秒差

  松原君 1時間3分0秒 区間18位

 9区終了 鶴見中継所通過

  松原君襷リレー かなり疲れた様子 多田君スタート 頑張れ多田君!!

  中央大8位 7位中央学院と33秒差 9位城西大と13秒差 11位山梨学院と2分33秒差

  松原君 1時間12分13秒 区間18位 昨年の多田君のタイムより1分32秒悪いタイム


  残念ながら松原君はブレーキでしたが、後半粘り、8位をキープして襷をつなげました。

  

 蒲田通過(5.9k)

  多田君、城西大に抜かされ、順天堂大と併走中

  中央大9位 7位中央学院と1分2秒差 8位城西大と36秒差

        10位大東大と1分13秒差 11位山梨学院と2分7秒差

  多田君 18分16秒 区間19位 

 10k付近

  多田君大ブレーキ。大東、國學院、帝京大についていけません。ジョギングのようです。

 新八ツ山橋通過(13.5k)

  多田君全く体が動きません。足を気にしている様子。

  中央大11位 10位山梨学院と1分差

  多田君 44分05秒 区間20位 区間19位の選手より1分18秒遅い大ブレーキです。 

 田町通過(16.5k)

  中央大13位 10位山梨学院と3分33秒差 

  多田君 55分42秒 区間20位 

 御成門通過(18.1k)

  多田君、現在最下位を走行中

  中央大14位 10位山梨学院と4分18秒差

  多田君 1時間2分20秒 区間20位 区間19位の選手より3分5秒遅れの大ブレーキ

 馬場先門通過(20.1k)

  中央大14位 10位山梨学院と6分34秒差 

  多田君 1時間10分14秒 区間20位

 大手町ゴール

  多田君、創価大にもはるかにおいておかれ、最下位でゴール

  中央大19位 中央大史上最悪の順位です。

  多田君 1時間22分49秒 区間20位 

  区間賞の城西大寺田選手と12分48秒遅れの10区中大最悪記録。信じられない大ブレーキです。

  10区でこれだけのブレーキは見たことがありません。何があったのでしょうか??

  

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    いかり しんとう (土曜日, 03 1月 2015 15:34)

    浦田監督は辞任すべきです。自らが好記録をもつ選手は一般的に名監督にはなれません。彼が監督になってから棄権やブレーキが続出し、中大卒業生としては悔しい限りです。ホームページの浦田監督の顔写真も薄ら笑いをしているようでムカムカしてきます。選手の力を伸ばせないのは監督コーチの責任です。外部の新鮮な指導者を招いたらどうでしょう。新たな出発をする中大駅伝部なら応援しますが、浦田体制はうんざりです。鉄面皮浦田!!

  • #2

    いかり しんとう2 (土曜日, 03 1月 2015 15:57)

    浦田は即刻解任すべきです。学生スポーツは監督の能力がそのまま結果に出ます。これだけ選手の体調を見極められない監督は中大史上最低です。一般社会で頑張っている中大OBに申し訳ないと思わないのか。直ちに辞めろ。新人の有望選手が中大にはこない。

  • #3

    けっかがすべて (土曜日, 03 1月 2015 16:10)

    青山学院の選手育成に比して、余りの結果・・・多田君も危険もせずに必死に走る姿は痛ましいばかりで、来年以降の歴史に繋げるべく後輩達にゴールまで頑張る姿を見せてくれたのだけが、救い。。ただ、そろそろ優勝する姿を見たいと念ずるのは多くの中大OBが望むところです。

  • #4

    さやか (土曜日, 03 1月 2015 16:13)

    9区まで見てて最下位は拓殖か創価だろうな…と思いながらコタツで寝てしまい起きたら中大が最下位でビックリしました(´・_・`)本当に何があったんですか(/ _ ; )

  • #5

    03年卒 (土曜日, 03 1月 2015 17:53)

    03年卒のOBですがここのコメントで少し気になったので敢えてコメントします。なお私は駅伝関係者ではありません。
    結果は悔しいものではありましたが寒風の中選手達は本当によく頑張ったと思います。出場した選手だけでなくサポートに徹した部員の方々も含め全員に心より拍手を送りたいと思います。
    駅伝の代名詞とも言えるほどの母校が他校に負けて悔しくないOBはいないと思います。しかし『後輩たちにゴールまで頑張る姿を見せてくれたのだけ』とは大学生活の全てを捧げて練習を積み、全力で闘った後輩たちに対してあまりに失礼ではないでしょうか。叱咤激励も必要だと思いますが、愛する母校の愛する後輩たちの晴れ舞台を労う気持ちを持ちませんか?

  • #6

    古い卒業生 (土曜日, 03 1月 2015 18:51)

    選手に感謝し、激励することと、無能なリーダーの交代を求めることは別の問題です。社会の規範は、リーダーとして適任でないものは去れというのが原則です。
    浦田監督に成ってから、棄権、大ブレーキ、山登りの不的確な選手の起用など、明らかに監督として不適格です。早稲田は優勝できない渡辺監督を辞めさせました。甘いやり方では、中央大学は、駅伝だけでなく全てに転落します。グローバルな大学にも落ちましたね。

  • #7

    ikarisinntou (土曜日, 03 1月 2015 18:58)

    03年卒 さんへ
    けっかがすべてさんの趣意は、多田君の頑張りに敬意を表し救いを見たとの文意であり、曲解しているのではありませんか。問題は選手の好不調の見極めを含め、監督コーチ陣の為すべき役割が果たされていないのではないかということです。また選手の育成に関しても問題があるからこそ、結果に結びつかないのではないですか。魅力ある指導者でなければ有望な新人確保も難しくなると思われます。

  • #8

    まねじめんと (土曜日, 03 1月 2015 19:34)

    マネジメントとは「リスクなどを管理し、経営上の効果を最適化しようとする手法」のことです。中大OB・駅伝部OB・現役中大生・保護者会等の応援エネルギーを総合的に調整活用して選手の育成向上に資する経営手法が指導者には求められるのです。リスク管理の面からも経営最適化の面からも、現指導部には問題がありそうです。管理や効率論がそぐわないにしても、人間論からも魅力に欠けます。上田監督は選手に社会で生きる人間力を育んでいます。駒沢の選手からは自らが目標に向けて向上しようとする意欲が感じられます。選手の意欲を引出し自覚させるのがうまいのでしょう。
    早大の渡辺監督は周囲のプレッシャーもあったとは思いますが、あれだけの素質ある選手を抱えながら結果を出せなかった責任をとりました。浦田監督も続投するのならば、過去の栄光やプライドをすてて自己の甘さを見つめなおすところから出発してもらいたものです。わたしは豊富な人材から適任者をピックアップして就任して頂き、5年を目途に見るべき評価がなされないときには再度検討すべきだと思いますが…

  • #9

    sikkuri ikanai (日曜日, 04 1月 2015 07:20)

    今年こそシード権が取れると期待しつつ8区までテレビに見入っていたものの、9区で失速。好調と判断してエントリー変更したのでしょうが谷君も悔しいでしょう。監督の好不調の見極め力のなさが災いしました。10区にいたっては選手はウォームアップ中に膝に強い痛みを感じていたとのこと、チームメンバーのことを思うならまず監督に相談して対応すべきでした。シード取りに2分以上のアドバンテージがあったのだから、それを生かす走りもあったはずです。それにしても、重大な情報が監督にもたらされないというのは、選手と監督との間に大いなる信頼の隔絶があります。ベストを尽くしてのシード落ちなら納得できますが、今年もsikkuri-ikanai、気分の滅入る年明けとなりました。

  • #10

    最後の駿河台世代 (金曜日, 09 1月 2015 22:52)

    去年還暦を迎えました。私が生きている間に一度くらいは優勝して欲しいです。
    いい選手が入学してこないという話もありますが、「千里の馬はいても伯楽がいない」というのが本当のところではないでしょうか。選手の力を伸ばすのが監督、コーチの仕事です。プロ野球の広島カープを見習ってほしいです。
    中大OBにこだわらずに「育てる力」のある人を監督にすべきです。
    年の初めからあまりに惨めな姿を見せられると、一年が暗くなります。

更新情報