亜細亜大との第2戦の結果

 5月20日、亜細亜大との第2戦が行われました。

 なお、この試合の前に行われた専修大対拓殖大の試合で、専修大が1対0で勝利したことにより、専修大の優勝が決定した後の試合となりました。

 中央大の先発は昨日も登板した村川君。3回表に亜細亜大上位打線につかまり、2ベースヒット、犠打、犠飛で1失点。4回表にも2死2塁からタイムリーヒットを打たれ1失点。4回表を終わって0対2とリードされます。

 4回裏に中央大打線が奮起し、3番泉澤君のタイムリー2ベースヒット、4番小川君のタイムリー2ベースヒット、5番佐藤君のヒットと相手エラーで、この回3得点で逆転。

 5回裏にも3番泉澤君の犠飛で1得点。

 6回表、捕手が捕逸し1失点するも、すぐその裏、9番保坂君のタイムリー3ベースヒットで2得点。

 村川君は最終回に1失点するも完投し、中央大が勝利しました。

  中央大6対4亜細亜大 (勝利投手 村川君 4勝1敗)


 今日(21日)11時から、亜細亜大との第3戦、3塁側先攻です。今季最後の試合となります。


更新情報