全日本大学駅伝予選会予想

 6月20日(土)、全日本大学駅伝予選会が慶応大学の日吉陸上競技場で行われます。

 この予選会は、各チーム2人ずつ、4組が10,000mを走り、その合計タイムで競います。

 昨年の1位~6位の、駒澤大、明治大、青山学院、東洋大、山梨学院、東海大がシードを持っています。

 今年は枠が拡大され、関東地区予選会から9校が本戦に出場できます。


 さて、中央大のエントリー予想ですが、

 エースが登場する、最終第4組は、最近28分代を出した徳永君(4年)と町澤君(3年)で決まりだと思います。

 その前の第3組には、先月の関東インカレで、5,000m7位、1,500m8位と活躍した三宅君(4年)と、関東インカレ10,000m途中棄権で体調が心配ですが、藤井君(4年)と予想(期待?)します。

 第2組には、関東インカレハーフマラソンでやや不本意な成績に終わった鈴木君(3年)と新垣君(3年)と予想します。 

 第1組の予想は難しいです。候補者は、可能性が高い順に、市田君(3年)、堀尾君(1年)、竹内君(2年)、苗村君(1年)、相馬君(3年)といったところでしょうか。この1組で大きく遅れないことが予選通過のポイントだと思います。


 次に予選会の予想ですが、早稲田大と日体大の力が抜けている状況だと思います。それに続くのが、順天堂、中央学院といったところでしょうか。ここまでで4校。

 そこからは混戦では・・。神奈川、中央、帝京、城西、日大、大東文化、東京農業、國學院、専修、上武らが争うと予想します。(一応左から順に順位予想です。)

 中央大学は、3年ぶりの全日本大学駅伝出場の可能性が十分あると思います。応援しましょう!! 

 

更新情報