駒澤大との第2戦の結果(野球)

 10月8日、駒澤大との第2戦が行われました。

 中央大の先発は伊藤君。

 中央大は1回裏、1番神里君が3ベースヒット。2番新城君の犠飛で早速先制。3回裏にも4番泉澤君のタイムリー3ベースヒットで2点を追加します。

 伊藤君は4回表に連打を打たれ2失点するも、7回までこの2点の好投で、8回から花城君にスイッチします。ところが花城君が乱調で、ヒットと2つの四球で2死満塁のピンチを招きます。ここで暴投をし、同点に追いつかれます。ここで抑えのエース鎌原君にスイッチ。なんとか1失点のみで抑えます。

 同点に追いつかれたすぐ後の8回裏、中央大は2死1・2塁とした後、ファーストのエラーで貴重な1得点。この1点を鎌原君が守りきり連勝し、勝点をゲットしました。

 伊藤君が2番目の先発投手として安定してきましたし、抑えの鎌原君はアウト4つのうち3つを三振でとりました!

 中央大4対3駒澤大 (勝利投手 伊藤君2勝)


 その他の試合は、亜細亜大13対3日本大、國學院大4対2専修大 で、首位専修大が連敗で今季初めて勝点を失い、中央大が首位にたちました!!

 

 中央大の次の試合は、10月13日(火)10時30分から対専修大、1塁側後攻です。首位攻防戦になります。専修大から勝点を得れば、優勝に大きく近づきます。頑張れ中央大!!  

更新情報