専修大戦の結果(野球)

 10月14日、専修大との首位攻防戦が行われました。

 中央大の先発はエース村川君。その立ち上がり、先頭打者を1、2塁間の当たり損ないに打ち取りますが、打球に変な回転がかかりこれをファーストがエラー。次の打者にしっかり送りバントを決められます。次の3番打者に四球。しかし、4番打者には1ボール2ストライクと追い込みます。ここからファールで粘られ、またも四球。ここがポイントだったと思います・・。5番打者の際、変化球がショートバウンドとなり、これを捕手が3塁側にはじく間に1失点・・。この5番打者にも四球。6番打者に2ベースヒットを打たれ、2失点。ライトが2塁へ悪送球する間にさらに1失点。7番打者を打ち取るも、8番打者に右中間を破られさらに1失点・・。四球でためた走者をヒットで帰されるという最悪の展開で、初回に2安打で5失点・・。

 2回から、春はエースとして頑張った山手君が登板。四球は出しますが、5回までノーヒットに抑えます。

 中央大は2回裏、ヒット2本で1、2塁のチャンスを迎えますが、送りバントを失敗し、2死1、2塁。ここでヒットが出て2死満塁。しかし、あと1本がでず無得点・・。

 山手君は6回、1死の後四球を出します。ここでヒットエンドラン。ショートが2塁のベースカバーに入った逆をゴロで抜かれ、山手君は初ヒットを打たれます。1塁ランナーが走っていなければ、ショートゴロのダブルプレーといった感じの打球でしたが・・・。ここで中央大の外野手は守備位置をかなり前にします。山手君はセンターへいい当たりのヒットを打たれます。前進守備なので大丈夫だと思いましたが、センター神里君が捕球後ボールを握りなおし、送球が遅れ捕殺できません・・。この回1失点。

 山手君は疲れが見えていたので、7回から投手交代かと思いましたが、そのまま7回のマウンドへ。しかし、死球の後、センターの頭上を越える2ベースヒットを打たれ1失点。その後1死をとるものの2連続四球。走者をためた状態で畦地君にスイッチ。畦地君がヒットを打たれ2失点。7回表を終わって9対0となります。山手君は、四球は多かったものの6三振をとり、復活か・・、という投球内容だっただけに、もう少し早く交替させてあげたかったです。

 専修大は7回裏からエース高橋君を休ませ、左投げの勝田投手にスイッチ。中央大は8回裏、1番神里君が四球で出塁。1死後、専修大はアンダースローの佐々木投手にスイッチ。神里君が盗塁。捕手が2塁へ悪送球間に3塁へ。1死3塁のチャンス。ここで4番泉澤君がレフトへ犠飛を打ち、中央大はようやく1得点。中央大の反撃もここまでで、このまま試合終了。

 中央大1対9専修大(敗戦投手村川君3勝1敗)


 両チーム6安打ずつでしたが、中央大投手陣は12の四死球を与え、大量失点となりました。

 次の試合は15日12時30分から専修大との第2戦。3塁側先攻です。 

 優勝のためもう1試合も落とせません。中央大必勝です!!応援しましょう。


 もう1試合は、國學院大3対0駒澤大でした。

更新情報