箱根駅伝予選会の分析

 昨日、無事予選会を通過した中央大ですが、少し振り返りたいと思います。

             5k     10k 15k   20k

  4位 徳永君(4年) 14.30 29.24  44.23 59.17   :安定した素晴らしい走りですね!

                                              (14.54) (14.59) (14.54)

 15位 町澤君(3年) 14.29   29.23    44.23   59.55 :最後疲れましたが粘りました!

                 (14.54) (15.00) (15.32)

 44位 相馬君(3年) 14.58   30.12    45.24   60.38   :安定したペースで走りきりました!

                 (15.14) (15.12) (15.14) 

 71位 鈴木君(3年) 14.58   30.21    45.35   60.55 :5k~10kで少し遅れました。

                 (15.23) (15.14) (15.20)

 88位 新垣君(3年) 14.57   30.19    45.35   61.12 :最後の5kで少し遅れました。

                 (15.22) (15.16) (15.37)

 94位 松原君(4年) 15.05   30.20    45.37   61.17 :長い故障の後ですので健闘と思います。

                 (15.15) (15.17) (15.40)

127位 堀尾君(1年) 14.54   30.06    45.42   61.38 :10k以降苦しくなりました。

                 (15.12) (15.21) (15.56)

130位 渥美君(3年) 15.16   30.43    46.08   61.40 :安定したペース走でした。

                                                (15.27) (15.25) (15.34)

187位 竹内君(2年) 15.05   30.31    46.08   62.26 :最後の5kで失速しました。

                 (15.26) (15.37) (16.18)

192位 市田君(3年) 15.11   30.33    46.19   62.30 :10kから不調・・。

                 (15.22) (15.46) (16.11)

212位 小谷君(4年) 15.18   30.48    46.37   62.43 :最初からペースが上がりませんでした。

                 (15.30) (15.49) (16.06)

232位 谷君 (3年) 15.18   30.58    46.59   63.10 :先日の記録会も不調だったので・・。

                 (15.40) (16.01) (16.11)

 

 予選通過が危ぶまれていた日体大が、きっちり集団走を行い、終盤追い上げ3位通過した一方、中央大は戦略が見えませんでした。昨年の中大は、きっちり戦略がはまり、10番目付近の選手を多田君(当時4年)がしっかり集団走で引き上げたと思います。

 しかし今年は、バラバラになってしまい、10k通過時点で2位でしたが、特に10番目の選手を引き上げる選手、ペースを作ることができる選手がおらず(不調だった?)、終盤失速しました。

 徳永君と町澤君は、とにかく日本人の先頭争いということだったと思います。これは成功したと思います。

 このエース2人以外について、序盤の5k通過時を見ると、堀尾君が単独走の後、相馬君、鈴木君、新垣君が一緒に走っています。集団で走っていたこの3人は好走しました。堀尾君は先輩と一緒に走るべきではなかったでしょうか。竹内君はその後ろの集団の先頭にたってしまっており、序盤で無駄に力を使ってしまったのではないでしょうか。市田君もこの後を一人で走っており、不調で前から遅れてしまったと思われます。中大の最後に渥美君、小谷君、谷君の集団走でした。小谷君と谷君は不調でここからどんどん遅れることになりますが、渥美君が安定したペースを刻みます。結果からだけ見れば、序盤集団走していた選手(できた選手)が好走しました。

 

 しかし、箱根駅伝は一人で走りますので、集団走でタイムをかせいだ大学は厳しくなります。本戦での中央大の快走を期待です!!

更新情報