箱根駅伝を強くする会総会・選手激励会

 11月9日、箱根駅伝を強くする会の総会、選手激励会が行われました。

 あいさつの概要は次のとおりです。

 鈴木会長

  監督やコーチに聞いたところ、今年は大丈夫だ。

  枕を高くして当日を迎えよう。

 深澤中央大学理事長

  学員は箱根駅伝の思い入れが強い。正月にうまい酒が飲めるよう選手に頑張ってもらいたい。

  クロスカントリーコースへの募金の目標額達成への御礼

 酒井中央大学総長・学長

  大学としても陸上部をサポートしたい。

  ホームカミングデーで発表した中長期事業計画について、本日15時にプレス発表した。

  ヤフーでは「法科の中大40年ぶりに都心へ」と報道されている。

  次は20年ぶりの箱根駅伝優勝といきたい。

 野村陸上部長

  2020年は、中央大学陸上部創部100年。

  この東京オリンピックの年は、中央大学箱根駅伝優勝で幕を開けることを目指す。

  今回の箱根はそれへの第一歩。

 浦田監督

  クロカンコース募金への御礼

  このコースは、一見するとたいしたことないようだが、選手は何周も走る中でしっかり鍛えられる。

  箱根駅伝本戦は、先行型で戦わざるを得ない。上尾ハーフなどで本番を見据えた強化をする。

  知恵を絞って、コンデションを整え、チーム全体の結束力で戦う。

 藤井キャプテン

  クロスカントリーコースを使って毎日練習している。募金への御礼


 選手やコーチから、いろいろ話しを聞きましたが、ここでは書けません・・。

 22日の埼玉支部総会でお話ししますので、是非総会にお越し下さい!


 なお15日(日)9時スタートの上尾ハーフに中央大の選手が多数参加します。

 天気が心配ですが、私は幟旗を持って、上尾陸上競技場と競技場へ向かう旧中山道との交差点(ヤマダ電気ができた交差点です)で応援予定です。お越しの際は声をかけてください。 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    M.O (金曜日, 20 11月 2015 21:51)

     予選会の10位と11位との差が10秒でしたが、選手には1秒の重みを自覚して、日々練習に取り組んでほしい。ぜひともシード権を獲得してほしい。

更新情報