箱根駅伝の結果

 箱根駅伝が終了しました。

 中央大は襷がつながらない残念なレースとなってしまいました。

 優勝(予想通り) 青山学院大学 10時間53分25秒 :完全優勝!強い!!

 2位(予想通り) 東洋大学   11時間00分36秒 :青山が強すぎました。

 3位(予想通り) 駒澤大学   11時間04分00秒 :8区馬場君、頑張りました。

 4位(5位を予想)早稲田大学  11時間07分54秒 :6区予定三浦君が欠場でも頑張りました。

 5位(6位を予想)東海大学   11時間09分44秒 :自力を発揮しました。

 6位(13位を予想)順天堂大学 11時間11分24秒 :復路は厳しいと思いましたが健闘です。

 7位(11位を予想)日本体育大 11時間11分32秒 :6区区間新記録で波にのりました。

 8位(4位を予想)山梨学院大学 11時間11分51秒 :6区、7区が今ひとつでした。

 9位(8位を予想)中央学院大学 11時間13分31秒 :5区ブレーキが残念でした。

10位(予想通り) 帝京大学   11時間15分21秒 :ちゃんとこの順位に来る大学ですね

11位(9位を予想)日本大学   11時間16分50秒 :予想通り7区以降厳しかったです・・。

12位(16位を予想)城西大学  11時間20分06秒 :予想外の健闘でした。

13位(15位を予想)神奈川大学 11時間20分07秒 :着実に走りました。

14位(7位を予想)明治大学   11時間20分39秒 :復路も6区で遅れました。

15位(12位を予想)中央大学  11時間21分48秒 :8区以降失速しました。

16位(14位を予想)拓殖大学  11時間23分54秒 :やはり復路は厳しかったです。

17位(18位を予想)東京国際大 11時間24分00秒 :5区が大健闘でしたね。

18位(17位を予想)大東文化大 11時間28分45秒 :やはり今年は厳しかったです。

19位(予想通り)  法政大学  11時間31分12秒 :1区での遅れが致命傷でした。

20位(予想通り)  上武大学  11時間36分46秒 :今年は厳しかったです。

 

 これから外出しますので、分析等は後日記載します。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    mopachan (日曜日, 03 1月 2016 14:34)

    藤井キャプテンまでは淡い期待を抱いていましたが、残念な結果でした。
    選手、スタッフの皆様、お疲れ様でした。
    来年こそ、Cのマークが箱根路で躍動することを願っています。

    頑張れ!中央大学。

    ※管理人様。記録会等、いつも詳細な記事を書いていただきありがとうございます。

  • #2

    鏑木恵介 (日曜日, 03 1月 2016 16:38)

     箱根駅伝 予選会の成績そのままに シード権取れず。最近の中央大学駅伝部は陸上有名私立高校の2番手、3番手の選手を推薦で入学させて特別な待遇をあたえている。監督の浦田氏は九州学院高校を卒業しオリンピックにまで出場した有名選手でしたが所属したHONDAでは走ることのみで管理者としてのキャリアはまったくない。そもそも、人を教えたり成長させる能力などないのである。多幸監督の時代には地方の公立高校の無名選手に一般学生と同じように受験させ何人かが入部し大学で成長したのである。高校時代にピークを迎えた選手しかリクルート出来ない浦田監督は一日も早く辞任していただきたい。一般学生と有名高校の選手が融合してこそ中央大学陸上部なのである。

  • #3

    トコマ (月曜日, 04 1月 2016 05:42)

    初めまして。グンマに単身赴任中のOBです。昨年は、日比谷まで応援に行き、がっかりしました。今年は、仕事でテレビ中継も見られませんでしたが、鈴木さんご指摘のように監督が諸悪の根源であるのは間違いないですね。内部事情はまったく知りませんが、昨日3日付読売新聞運動面にあった監督コメントの言い訳に指導者として不適格なのがはっきりしています。選手の調子を見て起用できない人なんでしょう。箱根で勝つ気持ちがないのなら、今の監督でいいでしょうが。都心移転より、監督更迭が先ですよね。

  • #4

    弟がOBです。 (木曜日, 07 1月 2016 16:07)

    群馬県に在住するモノです。家族そろっていつも応援しております。
    4年連続シード権がとれなかった事このことを重く受け目て欲しいと存じます。
    監督だけの責任だとは思いませんが、コメントを聞くと、「監督辞めろ!」と言いたくなってしまいます。
    怪我は本人の管理能力の無さだと思います。そこをしっかり指導できる監督こそが名門復活の足懸りになるでしょう!そのことをよく考え実行してもらいたいものです。

更新情報