亜細亜大との第1戦の結果(野球)

 4月20日、亜細亜大との第1戦が行われました。

 中央大の先発は、前回東洋大との第1戦に先発し、145球で9回2失点完投した伊藤君。5回まで無失点に抑えますが、6回表に四球、ヒットで1死2,3塁からタイムリーヒットを打たれ2点を先制されます。7回に伊藤君から鍬原君にリレーします。

 中央大は7回裏、2死2,3塁から、3番吉田君のタイムリーヒットで2点。吉田君が送球間に2塁に進塁すると、4番小河君のタイムリーヒットで1点。ここで3対2と逆転します。

 8回表、四球とヒットで1死1,3塁から1塁ゴロの間に1失点。ここで同点となります。

 9回表、ヒット、四球の後、犠打、四球で1死満塁。ここでなんとキャッチャーが投球をとれずに1失点・・。さらに四球で再び満塁。さらにさらに四球で押し出し・・・。この回2失点で開幕3連敗しました。9回表は、4四球と捕逸で1安打で2失点です・・・。草野球でもここまでのことはめったにありませんね。この試合、中央大の投手は9四球を与えました・・。

 前の試合、東洋大との第2戦も、6対2とリードした7回、押し出しを含む4四球で、2安打のみで4失点し4点リードを追いつかれました。1回に4四球だせば失点しますよね・・。ちなみに、この東洋大との第2戦での中央大投手陣は相手に12四球を与えました・・。これで2試合で21四球です・・・。

 

 中央大3対5亜細亜大(敗戦投手鍬原君1敗)

 

 まだ未勝利のチームは中央大のみで、最下位を独走する雰囲気です・・。ちなみに現在の2部1位は熊谷の立正大で、無敗で突っ走っています。

 

 次の試合は、4月21日13時30分から亜細亜大との第2戦。3塁側先攻です。初勝利目指し、頑張れ中央大!! 

更新情報