亜細亜大との第2戦の結果(野球)

 4月21日、亜細亜大との第2戦が行われました。

 中央大の先発は村川君。

 中央大は2回表に田畑君の2ランホームランで2点を先制。

 5回表にも松田君のタイムリーヒットで1点を加え、5回を終わって3対0とリード。

 6回裏に、四球、2盗、3盗、四球で2死1,3塁。ここでタイムリー2ベースヒットで2失点。またまた四球でためたランナーをたった1本のヒットで複数失点・・・。

 しかし、中央大は7回表、松田君のタイムリー3ベースヒットで1点を追加。松田君大活躍で、この1点は大きいと思いましたが・・。

 中央大は110球を投げた村川君を7回であきらめ、昨日7回を投げた伊藤君に交替するという、余裕のない??の投手リレーをします。リリーフ陣がいつも四球を出し続けるという状態からやむを得なかったのでしょうか・・。

 伊藤君は8回裏、ヒット、四球のあと送りバントを野選し、なんと無死満塁のピンチに。ここでなんとショートがタイムリーエラーし1失点。1死とるもタイムリーヒットを打たれさらに1失点・・。ここで追いつかれます。

 さらに9回裏、今度は四球ではなく死球をだし、送りバントの後、タイムリーヒットを打たれ、またまたまた四死球のランナーを得点にされサヨナラ負けし、開幕4連敗しました。この日の試合は、亜細亜大に6安打しか打たれていないのに、5失点しました・・。四死球、野選、エラー・・・・・。

 

 中央大4対5×亜細亜大 (敗戦投手伊藤君2敗)

 

 今週のもう1試合は、専修大と日本大が1勝1敗となっています。

 ここまでの順位は、

 1位 東洋大  4勝1敗 勝点2

 1位 國學院大 4勝1敗 勝点2

 3位 亜細亜大 2勝2敗 勝点1

 4位 日本大  2勝3敗 勝点0 ※日本大と専修大は第3戦によりどちらかに勝点が入ります。

 4位 専修大  2勝3敗 勝点0

 6位 中央大  0勝4敗 勝点0

 

 中央大は最下位独走になってしまいました・・。

 来週は中央大の試合はなく、次は5月3日(祝)の16時30分から、首位の國學院大との対戦で、3塁側先攻です。首位との試合ですので初勝利は高いハードルですが、せっかくの祝日の試合ですので、応援に行きたい思っています。頑張れ中央大!!

 

更新情報