國學院大戦の結果

 5月3日、國學院大戦が行われ、私も応援に行ってきました。祝日でしたので、中央大の応援席には多くの方がいらしていました。応援団、ブラスコア部、チア部の応援も中央大は素晴らしく、応援席は完全に國學院大を上回っていましたが・・・。

 余談ですが、昨年度埼玉支部定期総会の際にお世話になった応援団、チア部のOB、OGも応援にいらしていました。お二人とも就職され、仕事頑張っているとのことでした。

 中央大の先発伊藤君ではなく村川君。村川君は2回裏に1死1、3塁のピンチを招き、ここでタイムリー2ベースヒットを打たれ、2点を先制されます。しかし、ここでの追加点はしっかり防ぎます。

 中央大は4回表、2死から5番堀内君、6番松田君が連打し、2死1、2塁のチャンス。ここで7番土谷君が2塁横にゴロ。國學院大2塁手がこれを好捕し、1塁に送球するも送球がそれ、その間に1点。ここで2死2、3塁と1打出れば逆転のチャンスでしたが、8番キャッチャー田畑君は残苑ながら凡退。(しかし田畑君は2度盗塁さし、守備では活躍しました)

 村川君は4回裏のピンチをしのぎますが、5回裏、ストレートが高めにうきだし、2死1、2塁からタイムリーヒットをうたれ1失点。この回で村川君は降板します。

 6回裏鍬原君が登板するも、いきなり連打で無死1、3塁のピンチを招き、犠飛で1失点。

 中央大攻撃陣は、相手清水投手の伸びのある直球と切れのある変化球に最後まで苦しみました。直球と変化球のスピード差が大きく、なかなか良い当たりの打球が前に飛びませんでした。

 中央大の投手陣は、これまでの四球癖はおさまりましたが、國學院大に13安打を打たれました。特に回の先頭打者に打たれることが多く、毎回ピンチを招いた感じになってしまいました・・。要は完敗です・・。

 中央大1対4國學院大 (敗戦投手村川君1敗)

 

 もう1試合は、東洋大4対3日本大で、東洋大がライトスタンドへのサヨナラホームランで勝利しました。

 

 次の試合は、國學院大との第2戦。14時試合開始予定で1塁側後攻です。頑張れ中央大!!

 ただ、天候の心配があります。中央大の試合開始前に2部の試合が2試合予定されていますので、中央大の試合開始時間が大きく遅れることも予想されますので、東都大学野球連盟のホームページで御確認ください。

更新情報