日本大戦の結果(野球)(5月12日修正;11日は雨天順延を記載)

 5月10日、最下位争いの直接対決、日本大戦が行われました。

 中央大の先発は村川君。村川君は3回表、四球、犠打の後、暴投で3塁への進塁を許した後、タイムリーヒットを打たれ失点。さらにレフトへヒットを打たれ、これをレフトが捕球エラー・・でさらに1失点。次にセカンドへ内野安打を打たれさらにこれをセカンドが送球エラー・・・で失点。この回、1暴投、2エラーで3失点・・。

 村川君から鍬原君にスイッチするも、5回表に1失点。5回を終わって4対0・・。

 中大は、6回裏に2死2.3塁から堀内君のタイムリー2ベースヒットで2点。

 7回裏には2死満塁から小河君のタイムリーヒットで1点。

 しかし、反撃もここまでで、大事な初戦を落としました。これで中央大は開幕7連敗となり、日本大との第2戦に敗れれば、最下位が決定します。

 中央大3対4日本大(敗戦投手村川君2敗)

 

 次の試合は5月11日10時30分から日本大との第2戦。3塁側先攻です。頑張れ中央大!!

 → 5月11日は雨天中止、12日10時30分予定です。

 

 なお、2部は熊谷の立正大が全勝でしたが、ゴールデンウィークの青山学院大戦を1勝2敗で勝点を落とし、立正大と青山学院大が優勝争いをしています。現時点で自力優勝の可能性があるのは青山学院大です。

更新情報