東海大戦の結果(サッカー)

 10月2日、古河にて東海大戦が行われました。古河は茨城県ですが埼玉県の川向こうで近いところです。同時刻に熊谷でのラグビーもありましたが、個人的にサッカーファンなので、こちらの応援に行きました。

 中央大は9番矢島君のポストプレーを中心とした攻撃で、東海大は中央大のDFの裏にロングボールを蹴り込み、10番の選手の個人技に頼る攻撃が多かったと思います。

 前半から中央大が押し気味で、中央大のシュートは5本、東海大のシュートは2本でしたが、両者無得点で折り返します。

 中央大は後半11分、コーナーキックから、ヘディングシュートがクロスバーに跳ね返ってきたところを改めてヘディングシュートし、先制します。

 この後、試合を支配し、ほぼ一方的に攻撃します。この時間帯に追加点をとれなかったのが・・。

 後半30分を過ぎたあたりから、中央大の運動量が落ち始め、少しピンチが出てきます。

 後半36分、いつものようなロングボールが蹴り込まれたところで、なんとDFがこけてしまい、相手選手がGKと1対1に・・。直接シュートしても決まったのでしょうが、左から走り込んできた選手にパスし、その選手が中央大の無人のゴールにシュートし同点に追いつかれました。

 この後、中央大は前掛かりになり、攻撃します。チャンスもありましたが決められません・・。ベンチからは10番見ておけ!と指示がとんでいましたが、試合終了間際の後半41分、相手10番の個人技で得点され、逆転されました。中央大のDFの対応が遅れたとはいえ、見事なトラップ、見事な狭いニアへのシュートでした。

  中央大 東海大

前半  0   0

後半  1   2

計   1   2

 

 現時点の上位の順位は、

 1位 東京国際大学 勝点37

 2位 中央大学   勝点32

 3位 神奈川大学  勝点31

 4位 東洋大学   勝点30

 5位 東京農業大学 勝点25

 

です。上位2校が1部昇格です。前期首位だった中央大が後期大不振で2連敗を含む3敗を喫し、2位以下が混戦になってきました。

 次の試合は、10月9日(日)14時から、青山学院大学緑が丘グラウンドにて青山学院大戦です。必勝です!頑張れ!

更新情報